嵐の二宮和也君が出演する映画「硫黄島からの手紙」の記者会見が、昨日都内で行われ、今朝のワイドショーやスポーツ紙で取り上げられました。

記者会見には、クリント・イーストウッド監督をはじめとして、二宮君や渡辺謙さんら主要キャストが出席。会見で二宮君は「台本に書いてないことだったりとかを急にやりたくなってしまいまして、そういうことを『やっていいの?』って聞いたら、クリントは『いいんだよ』って。ずっと最後まで味方でいてくれた。」と撮影でのエピソードを披露。これに対してイーストウッド監督は、「二宮のアイデアは、僕が考えたアイデアのようにスタッフには伝えたけどね。」とユーモアを交えて応じていました。また、記者のに促されて、二宮君が嵐のコンサートの予定を監督に伝えると、監督は「コンサートに行って歌いたいと思います。」と、これまたユーモアをもって応じ、笑いを誘っていました(今朝のズームインより)。会見冒頭?の写真撮影で、二宮君と監督が仲良さげに言葉を交わしているのがとても印象的でした。

また、スポーツ紙報道によると、会見では、アメリカでの「硫黄島からの手紙」の公開日が、当初の予定の来年2月9日から今年の12月20日に繰り上げられることが発表されたそうです。これで「硫黄島からの手紙」は、来年の第79回アカデミー賞の対象作品となり、米国版の「父親たちの星条旗」との同時ノミネートが可能となったので、アメリカでも一層注目を浴びることになりました。日本人がオスカー獲得となるか、来年のアカデミー賞は期待が膨らみますね。

関連:日刊 / 報知 / サンスポ / スポニチ / デイリー / トウチュウ / シネマトゥデイ

■嵐関連ニューリリース
C×D×G no ARASHI! Vol.1 / C×D×G no ARASHI! Vol.2
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)(櫻井翔)
僕は妹に恋をする ナビゲートDVD / 世にも奇妙な物語〜15周年の特別編〜(松本潤)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング