NHK朝の生放送情報番組「あさイチ」でキャスターを務めているV6の井ノ原快彦くん。27日放送の同番組で、紅白の司会を務める後輩の嵐にインタビューを慣行。事務所の先輩・後輩ならではのトークを繰り広げました(※インタビューはVTR)。

井ノ原くんは、「紅白初司会おめでとうございます!」と嵐にお祝いの言葉をかけ、挨拶と軽い質問を交わした後、ふいに真剣な面持ちとなり、

「あさイチという番組やって、有働さんと僕で(紅白の)司会狙ってたんですけど、練習までしてたんですよ。でも嵐と松下さんになったっていうんでね…何人かの人達が泣いてるってことをね、みなさんにわかってほしいな…」

と、衝撃の告白。先輩によるきつい先制パンチに、嵐メンバー一同、苦笑いするも、二宮くんが「(本番まで)4日前に背負わなきゃいけないんですか?4日前なんですから!」と反撃し、和やかなムードに。

もちろん、このやり取りは、紅白の司会が正式発表される前に、「V6井ノ原、紅白司会急浮上!」等、スポーツ紙に名前があがっていたことを逆手にとったある種の冗談で、生放送のスタジオでは、有働さんらが大爆笑状態に。

冒頭で“つかみはOK”状態となったインタビュー。「生放送に一番弱い人は?」「コンサートやってるときとかですね、生放送で歌番組に出させて頂くときとかも一番僕が緊張してますね。(松本潤くん)」「紅白でフリートークになる場面はある?」「ありますね。だけど、どこまでやっていいのか、たぶん当日の判断になってくると思うので。(櫻井翔くん)」等々、興味深い質問のやりとりがなされました。


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング