神様のカルテ オリジナル・サウンド・トラック映画「神様のカルテ」のトークイベントが昨日、東京・新宿バルトで行われ、主演の嵐・櫻井翔くんが出席。今朝のWSやスポーツ紙に取り上げれました。

同映画は、地方医療の厳しい現実と向き合う若い内科医(櫻井翔)が、高齢の女性がん患者など様々な人達と触れ合う中で、妻(宮崎あおい)に支えられながら成長していく過程を描いた物語。

映画を是非学生達に見て欲しいという櫻井くんの希望により、現役大学生約120人を招待して開催された今回のトークイベント。櫻井くんは学生時代を振り返り、「(試験前は)ファミレスで友達と集まって勉強してて。結局、勉強する時間よりしゃべってる時間の方が長いんですけど。」と、学生時代の想い出を告白。

質問コーナーで、就職活動の相談をされた櫻井くんは、「衝撃的なのは、僕は就活をしていなという事に問題があるんですけど、自分の事を紙に起こしてみたり、昔の事を思い返してみて、今の自分どうやって形成されてるだろうと考えた時に、自分と向き合う時間というのが後に、就職という事とは別に財産になる時間なのかなと思っています。僕の世代の時より難しく大変な事もあると思いますけど、頑張って下さい。」と、真剣にアドバイス。

また、「社会に出てから悩んだり、迷ったりしたことはありましたか?」との質問には、「学生生活がなくなってしまうことに不安があったりして、これから自分がどうなっていくのか どうしていきたいのかもわからず。嵐ってグループに他に4人の運命共同体みたいなのがいるので、 そういった意味では仲間で支え合いながら、助けあいながらやっている。苦しみとかは5分の1になっている意味で、軽減されているかもしれないです。」と答え、嵐への思いを明かしました(WSより)。

スポーツ紙:日刊 / 報知 / サンスポ / デイリー / 中スポ



facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング