舞台「ジャニーズ2020(トニトニ)ワールド」の製作発表が昨日都内で行われ、Sexy Zoneの佐藤勝利くん&中島健人くん&菊池風磨くんとA.B.C-Zが出席。今朝の日テレ系「シューイチ」やスポーツ紙に取り上げられました。

同舞台は、ジャニー喜多川社長のギネス世界記録認定記念作品として、Hey!Say!JUMP主演で昨年初演された「ジャニーズ・ワールド」の再演。今年は新たに「ジャニーズ2020(トニトニ)ワールド」と銘打って、Sexy Zoneの佐藤勝利くん&中島健人くん&菊池風磨くんとA.B.C-Zが主演を務めるほか、2020年東京五輪に合わせてメジャーデビューをめざす総勢40人の大型ユニット「Twenty・Twenty」候補生も出演します。

今朝の日テレ系「シューイチ」で製作発表の模様が取り上げられ、同番組にレギュラー出演しているKAT-TUNの中丸雄一くんが、「前線の3人(Sexy Zone)はジャニーズの若手の中で注目の3人」「A.B.C-Zはアクロバットがジャニーズの中で1番か2番」「全体的な印象は人気も実力も兼ね備えたなっていう感じ」などと、人選を熱く分析しました。

<9/29「シューイチ」より>

中山:「中丸くん、後輩達が帝劇でということですね。」

中丸:「ですね。凄いですね。中々絶妙なバランスの人選をジャニーさんはしたなと思いましたね。

中山:「なるほど。それは見てわかりますか?」

中丸:「わかりましたね。すぐね。はい。前線の3人(Sexy Zone)はジャニーズの若手の中でも結構押されてる今注目の3人なんで。」

中山:「(笑)注目の3人が前線にいるわけですね。」

中丸:「個人的には後ろのA.B.C-Zも凄い気にしてるんですよ。アクロバットの技術がたぶんジャニーズの全グループで、だぶん1番か2番ですね。V6かA.B.C-Zですね。」

中山:「なるほど。というぐらいレベルが高いんだと。」

中丸:「凄いレベル高いです。」

中山:「アクロバティックなんですね?じゃあバク宙とかそういうのもどんどんできる?」

中丸:「はい。そうですね。凄いできますね。」

中山:「中丸分析が面白いですね。我々が見ても、『あ、みんなアイドルだ』っていうだけなんですけど。」

中丸:「ちょっと違うんですよね。全体的な印象としては、人気も実力も兼ね備えたなっていう感じですね。」

中山:「なるほど。今回のジャニーさんの人選がまたビタっとはまってると。」

中丸:「いいバランスです。」

中山:「いいバランス(笑)ははははは(笑)YOUも頑張んなよ!」

中丸:「頑張ってます。」

舞台「ジャニーズ2020(トニトニ)ワールド」は、12月7日〜来年1月27日に東京・帝国劇場にて上演。公演日程やチケット情報など詳細は、公式サイトでご確認下さい。

帝国劇場『JOHNNYS' 2020 WORLD』

スポーツ紙:日刊 / 報知 / サンスポ / スポニチ / デイリー / 中スポ

<KAT-TUN関連注目記事>
上田竜也、TBS系「オールスター感謝祭」のミニマラソンで大健闘!twitterでトレンド入りを果たす
中丸雄一、先輩ヒガシとベトナムで2時間○○させ続けられる
中丸雄一主演「変身インタビュアーの憂鬱」主題歌がKAT-TUN新曲「楔-kusabi-」に決定!
亀梨和也×玉置浩二「堀田家BAND」シングル「サヨナラ☆ありがとう」予約開始

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング