1+1=Namida修二と彰の「青春アミーゴ」や山下智久くんの「抱いてセニョリータ」などを手掛けたことで知られる作詞家のZOPP氏が、小説家デビューを果たすことが明らかになりました。

小説のタイトルは「1+1=Namida」で、熱い友情で結ばれた2人の男たちがそれぞれの親の死の真相を追求していくうちに数奇な運命をたどる、300ページに渡るアクションサスペンス大作。

zopp氏が手掛けた歌詞たちをモチーフにした作品で、要所に手掛けた歌詞を彷彿とさせるフレーズが織り交ぜられており、彼の作品を知っている人にとっては、思わずニヤリとしてしまう内容となっているようです。

小説の発売日は11月11日。Amazonなどで予約受付中です。

Amazon:1+1=Namida


セブンネット:1+1=Namida

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング