9月30日にフジで放送された特番「開局55周年特別番組SMAP GO!GO!」で、タモリさんがSMAPについて語りました。

SMAPメンバーとタモリさんがTVで共演するようになったのは、フジ系「笑っていいとも」で、1994年に中居正広くんと香取慎吾くんが、翌1995年に草なぎ剛くんが同番組のレギュラーに抜擢されました。

当時は中居くんが21歳、香取くんが17歳、草なぎくんが21歳という若い年齢。タモリさんは当時のメンバーの様子について、「呆然としてましたね。考えてみれば当然なんですが、これだけ当時の一流の人達が何人もいる生放送の番組の中で、香取なんか高校生ですからね。『さあ自由にやりなさい』ってやれますか?高校生が。やれないですよ。」などと振り返り、「それから20年経って、今では他の番組を堂々とやって仕切ってる姿を見てると、こんなにやっぱり人間は成長していくんだなと思って感心してます。」と、SMAPの成長ぶりに賛辞を送りました。

また、SMAPと他のアイドルグループの違いについても言及し、「SMAPと他のアイドルグループはどこが違うかと言うと、それまではアイドルはドラマをやっても成功はしてない。バラエティやっても成功はしてない。アイドルグループがドラマとかバラエティで成功したのは、SMAPが最初なんですね。その事が一つSMAPとして特異な事なんですよね。」と、SMAP論を展開しました。

<SMAPコラムvol.10更新>

map of smap

楽天エンタメナビに、毎週火曜更新のSMAPコラム「Map of Smap」vol.10がUPされました。

生ドラマ『古畑任三郎 VS SMAP ーその後ー』が示す5人の真実

<SMAP関連記事>
草なぎ剛と風間俊介が小籠包を口移し!ネット騒然
スマスマSMAP全シングルメドレーにネットで賞賛の声多数&本番終了後のメンバーコメントまとめ
香取慎吾、反町隆史と殴り合いの喧嘩をしていた

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング