今朝の日テレ系「スッキリ」に生ゲスト出演したKAT-TUNの亀梨和也くんが、田中聖くんのKAT-TUN脱退に関して、現在の心境を明かしました。

番組冒頭で、司会の加藤浩次さんから「今回の田中くんの契約解除について今の率直な感想をお聞かせ下さい」と聞かれた亀梨くんは、「凄く僕自身はやはり悔しい思いというのはありますね。最初に1人抜けて、5人でこれからやっていくんだという思いの中でずっとやってきたので、それがかなわないっていうことは、凄く僕は悔しいです。」「(メンバー同士で話し合いを重ねてきたが)もっと何か出来たことが、もしかしたらあったのかなぁという後悔は正直自分の中にあります。」と、現在の心境を吐露。

亀梨くんは、田中聖くんのルール違反行為について「僕たちの目から見ても『ちょっとそれはやりすぎなんじゃないかな』というところは正直ありました」と明かしたものの、「グループ活動している間に、『おい聖…』っていうのは、こと仕事においてこの時間を共有しているときには(問題行動は)全く無かった。」とも述べ、「僕ら自身もそうですけれども、聖が一番、まあ自業自得ではあると思うんですけれども、凄いしんどい状況にあると思うので、どうか温かく見守っていて欲しい。」と、10数年KAT-TUNで一緒に活動してきた仲間を気遣う発言をしました。

また、KAT-TUNに対する思いについては、「やはりKAT-TUNとしてスタートしたので、何としてもこのKAT-TUNというグループは守って行きたい」「僕ら自身としては当時の気持ちと一緒の気持ちで、とにかく『このグループで大きくなっていくんだ』っていう思いの中、今後もやらさせて頂きたいなと思います。」などと語り、ファンに対しては、「今後、4人でKAT-TUNとして前を向いてしっかりと進んで行きたいと思いますので、ファンの皆さんともできるだけ多く時間を共有できるような活動をしていきたいと思っています。引き続き、温かいご声援のほどどうか宜しくお願いします。」と、涙をこらえながらメッセージを送りました。

12:00追記:亀梨和也全発言まとめ

<10/11「スッキリ」より>

番組冒頭で田中聖くんの事務所契約解除の件が報道され…

亀梨:「すいません。朝から大変ご迷惑をおかけして。」

加藤:「亀梨くんにお聞きしたいんですけど、今回の田中くんの契約解除について今の率直な感想を聞かせて下さい」

亀梨:「凄く僕自身はやはり悔しい思いというのはありますね。最初に1人抜けて、5人でこれからやっていくんだという思いの中でずっとやってきたので、それがかなわないっていうことは、凄く僕は悔しいです。」

加藤:「契約解除になるにあたって、メンバー内そして事務所の人間と話し合いというのは何回もされてきたんですか?」

亀梨: 「メンバーとしては、もちろんライブを作るにあたったり、シングルを出すにあたったりで、事あるごとに色々話し合いをして来ましたし、田中の件に関しては事務所からそういう注意があったときには、メンバー集まって、『こういうふうにしていった方がいいんじゃないか』と。『僕らはこういうふうに思っているよ』という話っていうのは、何回か重ねては来ましたけれども、今回、こういった形になってしまったので、もっと何か出来たことがもしかしたらあったのかなぁという後悔は正直自分の中にあります。」

加藤: 「今の話だと、田中くんに亀梨くんが『こうしたほうがいいんじゃないか』ということも話し合っている?」

亀梨:「もちろん。話し合ってきました。」

加藤: 「そのときの田中くんはどういったリアクションでしたか?」

亀梨:「もちろん、そのときそのとき『わかってる』と。『反省してる』という言葉を僕らももらっていましたし、 本人ももちろんちゃんと反省してやってきたとは思うんですけれども、中々改善出来なかった部分もあったから こういう結果になってしまったのかなというふうに…。まあ僕らが本当にプライベートまでずっと一緒に 生活しているわけではないので。でも10年もやってるのでね、事細かに『こうだああだ』っていう関係でもないというか。ある程度は信頼関係の下やってるので。」

加藤: 「田中くんは違うことをやりたくなってきたみたいな印象を亀梨くんは受けましたか?」

亀梨:「う〜ん…。元々、色んなことに興味ある性格ではあるんですけど。」

加藤:「ちょっとなんかKAT-TUNの中、ジャニーズの中でも異質な感じは凄いありましたよね。彼の場合はね。」

亀梨:「ですけど、ことグループにおいて活動するときに、やはり同じマインドで、同じ方向を向いて歩めて来たとは思っていますし、グループ活動している間に、『おい聖…』っていうのは、こと仕事においてこの時間を共有しているときには全く無かったので…。」

加藤:「KAT-TUNの活動中は全然それを感じなかった?KAT-TUNの一員として田中くんも頑張っていた?」

亀梨:「そうですね。やはりその活動している時間というのは、KAT-TUNを最優先に考えてみんな一緒にやってきたとは思ってます。」

加藤:「実際、新聞などで『度重なるルール違反』っていうのが出てるじゃないですか。何か憶測を呼んでしまうんですよね。そのへんに関しては亀梨くん答えられたりします?」

亀梨:「詳しいことっていうのは僕らメンバーにも凄く事細かくに説明されているというわけではないので、やはり事務所と田中自身が話してることもたくさんあるので、『こういうことです』とは僕ら自身もはっきりとは言えないところは本当に申し訳ないんですが、でも報道されているように、やはり事務所のルールというものがあって、僕たちの目から見ても『ちょっとそれはやりすぎなんじゃないかな』というところは正直ありましたね。」

加藤:「『やりすぎだ』というのはどういったものだっていうことは言えたりします?」

亀梨:「把握している限りでは、報道にあるようにお店だったりとか。そいうことは再三、僕らも注意はしてきたんですけど。」

加藤:「事務所のルールとしてはそれは昔から決まってることなんですよね?お店を勝手にやったり副業をやったりするのは駄目だということは。」

亀梨:「そうですね。やはり契約する段階で、色々なそういうことってしっかり契約して僕らも仕事させてもらってるので。」

加藤:「亀梨くんもつらい状況だと思いますけれども、今後はKAT-TUNは4人で行くっていうことですよね?」

亀梨:「そうですね。本当にとにかくやるしかないという思いと、まあ僕ら何人になろうというか、これ以上こういうことは絶対におきないようにしないといけないと思いますし、やはりKAT-TUNとしてスタートしたので、何としてもこのKAT-TUNというグループは守って行きたいと思いますし、応援して下さるファンの方たちもたくさんいるので、やはりその方たちの思いというのもしっかりと受け止めて、いい方向にもって行かないといけないという 責任も感じていますし。今回、こういうふうにお話させて頂ける時間を作ってもらって、本当にありがたいことなので…。まあそういった思いというのは凄く強いですし、後は、まあお節介かもしれないですけど、十何年一緒にやって来たメンバーなので、僕ら自身もそうですけれども、聖が一番、まあ自業自得ではあると思うんですけれども、凄いしんどい状況にあると思うので、どうか温かく見守っていて欲しいなと。はい。」

加藤:「そうですね。田中くんには田中くんで頑張ってもらいたいし、KAT-TUNはKAT-TUNでその分、4人で結束してこれから頑張って、僕は期待してますよ!」

テリー:「田中聖くんには今までKAT-TUNにいたという誇りを持って、プライドを持って、これからの人生生きて行って、KAT-TUNに恥じない、名前を汚さないような活躍をして欲しいなと思うね。」

加藤:「実際、ジャニーズ事務所と田中くんの中で何度も話し合って、お互いがちゃんと納得した上でこの形になっているということですもんね。田中くん自身も。」

亀梨:「そうですね。その解除が決定した2日後に僕ら自身も事務所から報告を受けて、やはり気持ちとしてこのまま、『そうですか』だけでは終われなかったのも事実で、僕が直接田中に連絡をとって、『今メンバーいるから来てくれないか?』という。で、来てくれて、最後5人で何時間も話して、KAT-TUNはこういうふうに思ってるし、KAT-TUNとしての思いは変わらないのは事実で、こういう思いだよっていうメンバーの思いと、聖自身の思いというのも聞いて、最後しっかりケジメをつけてきました。」

加藤:「違った道に行くという考え方っていうことですよね。話し合った結果。」

亀梨:「そうですね。一個人としてはそうかもしれないですけど、本当に十何年前にKAT-TUNというグループを組んだ時の気持ちっていうのは凄くメンバーが大切に思ってるところなので…。今回2度目ということで本当に世間の皆さんだったりスタッフの皆さんに大変迷惑をかけてしまって本当に申し訳ない気持ちなんですけど、僕ら自身としては当時の気持ちと一緒の気持ちで、とにかく『このグループで大きくなっていくんだ』っていう思いの中、今後もやらさせて頂きたいなと思います。」

加藤:「亀梨くんは偉いよ。凄い。だって出てこなくてもいいんですもん。こうやって出てきてしゃべらなくていいんですもん。ヤダって言ったら出なくていいですもん。こうやってしっかりしゃべってもらって、僕は凄い納得いきましたね。今聞いていて。」

亀梨:「ありがとうございます。」

加藤:「最後にファンの皆さんにメッセージお願いします。」

亀梨:「本当にたくさんの様々な思いをさせてしまっていることを、本当に申し訳なく思っています。すいません。 今後、引き続き田口淳之介、上田竜也、中丸雄一、そして僕、亀梨和也で、この4人でKAT-TUNとして前を向いてしっかりと進んで行きたいと思いますので、ファンの皆さんとも、できるだけ多く時間を共有できるような 活動をしていきたいと思っています。引き続き、温かいご声援のほどどうか宜しくお願いします。」

※補足
加藤浩次さんはかつて、極楽とんぼの相方の山本さんの不祥事で、スッキリで号泣しながら謝罪をしたという過去があります。勝手な想像ですが、今回の件に関して、亀梨くんに対して気持ちが通じる部分があったのではないかと思います。

<関連記事>
KAT-TUN4人で再出発…亀梨和也がZIPでファンに生メッセージ
田中聖KAT-TUN脱退に関して弟がtwitterでメッセージ
田中聖契約解除…KAT-TUNメンバーがそれぞれコメントを発表
田中聖がジャニーズ事務所との契約解除、KAT-TUN脱退

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング