本日、東京・渋谷のNHKホールで行われEテレで放送された「第80回 NHK全国学校音楽コンクール 全国コンクール」小学生の部に嵐がゲスト出演し、子供たちと一緒に課題曲「ふるさと」を合唱しました。

「ふるさと」は、2010年の「第61回NHK紅白歌合戦」のために制作され、嵐が出場歌手とともに紅白で歌い続けている曲で、ふるさとを大切に思うことで、自分を育ててくれる人々や自然を尊ぶ気持ちが高まっていくスケールの大きいバラード。今回の「第80回NHK全国学校音楽コンクール」において、小学校の部の課題曲に起用されていました。

この日行われたNコン小学生の部にゲスト出演した嵐は、同大会に出場した小学生や関係者ら客席の約3000人と一緒に「ふるさと」を合唱。嵐は最初ステージ上で歌っていましたが、2番の歌詞からは客席まで降りていき、子供たちのそばで一緒に同曲を熱唱しました。満面の笑顔で歌っている子供たちもいれば、感動のあまり涙を流している子供の姿も見受けられました。

合唱終了後、司会者から子供たちへのメッセージを求められた松本潤くんは、「本当に今回、『ふるさと』という曲を課題曲に選んでいただけたことを凄く嬉しく思っています。皆さんそれぞれが色んなことを感じ、色んなことを考える時間になったんではないでしょうか。その考えたことを、感じたことをこれからも大事に思い続けて欲しいなと思います。そして、今日ここに来れなかった生徒の皆さん、そして動画を投稿して下さった皆さんにも合わせて、お礼を申し上げます。本当にどうもありがとうございました。」と挨拶をしました。

第80回(平成25年度)NHK全国学校音楽コンクール課題曲 小学校同声二部合唱 ふるさと
第80回(平成25年度)NHK全国学校音楽コンクール課題曲 小学校同声二部合唱 ふるさと


LOVE(初回生産限定盤)(DVD付) ■嵐関連ニューリリース
LOVE(初回生産限定盤)(DVD付) / 通常盤
今日の日はさようなら [DVD] / Blu-ray (大野智)
はじまりの歌 [DVD] / Blu-ray (松本潤)

<嵐関連注目記事>
嵐「P・A・R・A・D・O・X」MV解禁!大野智、外国人振付師に18歳に間違われる
嵐「LOVE」レコメン初解禁曲は「P・A・R・A・D・O・X」!ファンの反応は…
大野智がいつも出前で頼むもの&その理由とは
「笑っていいとも」テレホンでタモさんが嵐の人気を語る

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング