生田斗真くん主演映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」(来年2月15日公開)が16日、イタリアの「ローマ国際映画祭」で公式上映され、今朝のWSやスポーツ紙に取り上げられました。

同映画は、週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の高橋のぼるの人気漫画が原作のコメディー。生田斗真くんが演じるのは、やくざ組織を壊滅させるために組織へ送り込まれた潜入捜査官・菊川玲二役で、スケベなのに童貞というキャラクター。

ローマ国際映画祭の上映では、エンドロールが流れると約1000人の映画ファンから5分にわたって、スタンディングオベーションが鳴り響きました。初めて海外の映画祭に参加した生田斗真くんは、「お客さんが楽しんでくれたことが大きな拍手で凄く伝わってきたので、凄くいい経験になりました。やっぱり思ったのは、エロは全世界共通なんだなと・・・。エロは世界を救うなと思いました。」とコメント(WSより)。

スポーツ紙:日刊 / 報知 / サンスポ / スポニチ / デイリー / 中スポ

<関連記事>
映画「土竜の唄」の主題歌が関ジャニ∞新曲「キング・オブ・男!」に決定!
生田斗真が全裸で大の字に!「土竜の唄」衝撃の特報動画公開

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング