近藤真彦さんが、滝沢秀明くんが主演するNHK時代劇「鼠(ねずみ)、江戸を疾(はし)る」(来年1月9日スタート)の主題歌を担当することが明らかになりました。

曲名は「千年恋慕」で、フラメンコギターで哀愁を漂わせつつも、疾走感のあるボップソング。近藤真彦さんの通算51枚目のシングルとして、来年2月26日にリリースされます。近藤真彦さんが連ドラの主題歌を担当するのは、自らが主演した1998年フジ系「ドンウォリー!」の「KING and QUEEN」以来、約16年ぶり。

ドラマは、赤川次郎氏の小説「鼠」シリーズが原作で、江戸時代後期を舞台に、表の顔は「甘酒屋次郎吉」と呼ばれる遊び人ながら、裏の顔は江戸で噂の盗賊・鼠小僧という主人公の活躍を描いた物語。 ジャニーズJr.の京本大我くんも出演します。

スポーツ紙:スポニチ / サンスポ / 報知 / ニッカン / 中スポ / デイリー

Amazon検索:「千年恋慕」(PCから) 「千年恋慕」(携帯から)

新星堂 / タワレコ / ツタヤ / 楽天ブックス / セブンネット

<関連記事>
タッキーがNHK時代劇で鼠小僧に!京本大我も出演

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング