KAT-TUNの上田竜也くんが主演を務める蜷川幸雄演出舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」の公開稽古が昨日都内で行われ、今朝のWSやスポーツ紙に取り上げられました。

舞台は、小説家古川日出男氏が書き下ろした戯曲で、100年前の伝説の熊猟師の物語と、その子孫で現代を生きる兄弟の愛憎劇を交錯させた物語。上田くんは、兄弟の弟で新潟に住むエリートサラリーマンを演じます。

上田くんは役作りについて、「テンションを高く。ぶっちゃけた話、普段のキャラとは全く違うところなので。普段は・・・そんなに明るくないですよね僕は。」「勝村さんとか蜷川さんにがっつり指導して頂いて。」とコメント。勝村さんは「お金(指導料)を払って欲しかったんですけど・・・。」と応じ、上田くんを笑わせました。

また、上田くんの演技について問われた蜷川幸雄氏は、「終わった後、『才能あるなお前!』という感じでした。」と上田くんを絶賛しました(WSより)。

公演は9日から2月1日まで東京・渋谷のシアターコクーンにて。

KAT−TUN上田感謝 勝村政信の指導(ニッカン)
KAT-TUN上田、主演舞台に気合い(デイリー)
KAT―TUN上田主演舞台9日初日 蜷川氏「才能ある」 (スポニチ)
KAT−TUN上田、初タッグの蜷川氏から絶賛「狂気がすごい」(サンスポ)
(報知)


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング