ビルボードジャパンの2014年上半期チャートが発表されました。

シングル総合チャートの「Billboard Japan Hot 100」では、嵐の「GUTS !」が、過去3連覇中のAKB48を抑えて4年ぶりに首位を獲得。TOP10内にジャニーズは、2位に嵐「Bittersweet」、4位に嵐「誰も知らない」、7位に関ジャニ∞「キング オブ 男!」がそれぞれランクインしました。

「Billboard Japan Hot 100」は、「CDセールス」「ルックアップ(楽曲データベースにユーザーがアクセスして得られるパッケージ情報の提供回数)」「エアプレイ」「ダウンロード」「ツイート」という5指標を集計し、シングルTOP100をランキングしているチャート。

2014年上半期シングルの5指標のそれぞれのトップは、エアプレイがファレル・ウィリアムス「ハッピー」、セールスが嵐「Bittersweet」、ダウンロードが松たか子「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」、ルックアップが嵐「Bittersweet」、ツイートが嵐「GUTS!」という結果となりました。

また、アルバムチャートの「Top Albums」では、大ヒットディズニー映画「アナと雪の女王」のオリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディションが首位を獲得。TOP10内にジャニーズは、4位にKis-My-Ft2のシングルベスト「HIT! HIT! HIT!」がランクインしました。

ビルボードジャパン上半期チャート発表 シングル総合では嵐が4年ぶりにAKBから首位奪還&アルバムは“アナ雪”圧倒│Daily News│Billboard JAPAN

【関連記事】
Amazon 2014年上半期ランキング発表!1番売れた商品は…

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング