KAT-TUNの亀梨和也くんが出演する映画「バンクーバーの朝日」が、第33回バンクーバー国際映画祭のガラプレゼンテーション部門に正式招待され、ワールドプレミア上映されることが明らかになりました。

主演の妻夫木聡さん、共演者の亀梨和也くん、メガホンをとった石井裕也監督も現地入りし、レッドカーペットを歩いてワールドプレミア上映に参加するとのことです。

『バンクーバーの朝日』バンクーバー映画祭に出品決定!妻夫木聡「運命を感じる」(ぴあ映画生活)

同映画は、太平洋戦争前のカナダに実在し、スモールベースボールで白人社会からも称賛された日系人野球チーム「バンクーバー朝日軍」の実話をもとにした物語。

主演は妻夫木聡さんで、遊撃手の主将“レジー笠原”役。亀梨和也くんは、日系二世で漁業に従事するチームのエース投手“ロイ永西”役を演じます。共演は上地雄輔さん、勝地涼さん、池松壮亮さん、高畑充希さん、宮崎あおいさん、貫地谷しほりさんら。

公式サイトにて、予告編と特報2の動画が新たに公開されたので、チェックして見て下さい。

最新情報|映画『バンクーバーの朝日』公式サイト

バンクーバー朝日軍―伝説の「サムライ野球チーム」その歴史と栄光
バンクーバー朝日軍―伝説の「サムライ野球チーム」その歴史と栄光


バンクーバー朝日軍 1 (ビッグコミックス)
バンクーバー朝日軍 1 (ビッグコミックス)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング