3日の日テレ系「ナカイの窓」にて、SMAPの中居正広くんが、舞祭組の楽曲制作法を明かしました。

この日の番組では、ゲストにミュージシャンが集結し、音楽制作のウラ話などのトークを繰り広げました。

楽曲の制作方法で話が盛り上がる中、Kis-My-Ft2内のユニット・舞祭組の楽曲「てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜」の作詞・作曲・編曲・プロデュースに携わった中居くんは、舞祭組の楽曲制作法について、こう明かしました。

「ミュージシャンじゃないから、楽譜も読めないし、楽器も弾けないのよ。だから、鼻歌でボイスレコーダーに、『てぃーてぃーてぃてれっててんてんてんてんてん♪…あっ、これちょっとテンポ違うかな。これボツです〜』(って吹き込む)」

鼻歌から楽曲の制作が始まると明かした中居くんはこう続けました。

「でも、サビは、てぃーてぃーてぃーてれっててれててて、は絶対、これ決まってたの。それは何でかっていうと、何か歌うときに、『あの歌なんだっけ?…てーてれてーてーて♪』って。みんな(歌詞を思い出せないと)『て』って言ってるなって。これは、誰も舞祭組の歌覚えないんだったら、最初から『て』にすればいいじゃねぇか、つって」

中居くんは誰も舞祭組の詞を覚えてくれないから、鼻歌のままでいいや、という考えだったとのこと。そうした経緯からあの独特な詞が誕生した模様です。

「だから、曲お願いしますね、って言われても作れないの。だから、ずっとためてて、いつ来てもいいようにしとかないといけないみたいな」

と中居くんは締めくくりました。舞祭組の新たなる楽曲は既に中居くんのボイスレコーダーの中にあるのかもしれません。

【SMAP関連記事】
SMAP稲垣吾郎&中居正広、舞祭組について衝撃発言
中居正広、「27時間テレビ」本番前から体調不良で治療も受けていた
ジャニーズJr.阿部顕嵐が明かした“憧れの先輩ベスト3”に中居正広呆然


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング