17日のNHK BSプレミアム「ザ少年倶楽部 プレミアム」にKinKi Kidsの堂本光一くんがゲスト出演し、KAT-TUNの初対面時から現在にいたるまでの成長を語りました。

KAT-TUNが司会をつとめる同番組。今回のスペシャルゲストは堂本光一くん。“KAT-TUNが最もお世話になった大先輩”と紹介されました。KAT-TUNがもともと光一くんのバックダンサーとして結成されたことや、光一くんの舞台『SHOCK』に出演していたことなど、なにかと縁が深い両者です。

KAT-TUNとの思い出を振り返ろうとすると、光一くんは「あまり良い思い出ないよね」とバッサリ。亀梨和也くんから「光一くんから見たKAT-TUNの最初の印象ってどうでした?」と質問されると、こう答えました。

「もう、とにかく、なんて『俺が』『俺が』のグループなんだろうと思って」

当時のKAT-TUNは自己主張がかなり強く、あまり良い印象を持っていなかった様子の光一くん。

亀梨くんは「(光一くんは)一番迷惑をかけた先輩」と振り返り、田口淳之介くんが「本当、今気付くと(当時の振舞いが)ヤバいな、と…後輩がついてきて、そう思うようになりました」と続けると、光一くんは「あぁ、そう」と感慨深げな様子でした。

さらに、上田竜也くんが「もしKAT-TUNみたいな後輩がいたら、俺だったらブチ切れる」と畳み重ねると、光一くんは「それが、分かった?」と笑みを浮かべていました。

光一くんはKAT-TUNのメンバーとトークを繰り広げる中でこんな言葉を。

「お互いに若い頃を知ってて。で、お互いに成長してきて。で、KAT-TUNのみんなも、『あの頃の自分は本当に悪かったな』とか。それが分かってるっていうのが、単純にね、俺としても嬉しい」

当時光一くんの後輩だったKAT-TUNが今では後輩を持つようになり、先輩の気持ちが分かるまでに成長を遂げたことを心から喜んでいる様子の光一くんでした。

【堂本光一関連記事】
KinKi Kids堂本光一、後輩からの髪型に関する質問に衝撃回答
1万円超えのTシャツに対して堂本光一が発した一言が話題に
NEWS手越祐也、堂本光一に対抗心「王子の座は譲れない!」


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング