10月30日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)に、関ジャニ∞の大倉忠義くんがゲスト出演しました。

大倉くんの過去の「アブナイ」エピソードとして、「ジャニーズの大先輩を泣かせ続けた事件」が紹介されます。

初出演の連続ドラマとなった、2007年放送の「歌姫」でのこと。最終話で、主演を務めたTOKIOの長瀬智也くんが涙を流しながら大倉くんに語り、それを聞いた大倉くんも泣くというシーンがありました。

リハーサルから2人は大号泣だったのですが、本番になって大倉くんが泣けなくなってしまうというハプニングが。結局OKが出たのはテイク5で、その間長瀬くんはずっと泣き続けていたというのです。

実際のドラマの映像も流れましたが、大倉くんが泣くシーンが映ると、ナレーションで「どうにか涙を絞り出している…」と突っ込まれ、スタジオの大倉くんは「やめてやめて!」と大焦りでした。

撮影の日の夜、大倉くんは長瀬くんに「すみません」と謝罪の電話を入れたそうです。すると長瀬くんは「お前の演技良かったよ」と言ってくれたとか。長瀬くんの男前っぷりがわかるエピソードでもありました。

大倉くんは当時について、初めての連ドラで勝手がわからず、どれくらい泣いたらいいのか本番前に監督に見せておいた方がいいと思い全力で泣いた結果、本番でスッキリしてしまった、と釈明していました。

長瀬くんの優しさはわかりましたが、司会の有吉弘行さんからは「怖い先輩いるの?」と話を振られてしまいます。

大倉くんは隣に座っていた櫻井翔くんに「怖い方ってあんまりいらっしゃらないですよね?」と聞きますが、櫻井くんは「僕はやっぱマッチさん怖いですよ。怖いっていうか勝手に怖いだけなんですよ」と、近藤真彦さんが怖いと明かします。

実は大倉くんも思っていたようで、「それはありますね」と同意。近藤さんは「関ジャニの仕分け∞」にゲストとして登場したことがありますが、その時にエイトのメンバーが近藤さんの曲を間違わずに歌えるか、という企画が行われました。

大倉くんは「みんな間違うんですよ。生まれてもない時の曲だったりするんで。間違うと怒ってらっしゃるのか、本気なんか冗談なんか全然わかんない…」と困ってしまったよう。櫻井くんは先輩らしく「怒ってないですよ!」とフォローしていました。

【嵐関連記事】
嵐5大ドームツアー福岡公演チケット一般発売瞬殺!予定枚数終了
嵐・二宮和也、「ボカロ」にハマり中 「最近ボカロしか聞いてない」
嵐とKis-My-Ft2のコンサート無効チケット公開!オークション出品チケットが多数無効に

THE DIGITALIAN 【初回限定盤】(DVD付) ■嵐関連リリース
嵐ニューアルバム「THE DIGITALIAN」
ARASHI at National Stadium 国立競技場 ライブ 写真集
別冊+act. Vol.18 (表紙巻頭:相葉雅紀)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング