29日のFMヨコハマ・ラジオ「ARASHI DISCOVERY」にて、嵐の大野智くんが、先輩TOKIOのダンスについて語りました。

大野くんがパーソナリティをつとめる同番組。リスナーから、雑誌で大野くんが、TOKIO20周年ライブの感想を次のように語っていたと報告があったのです。

『欲を言えば、俺は松にぃ(松岡くん)のダンスが見たかったなあ。昔はTOKIOがダンスを踊るコーナーもあったんだよ。ダンスみんな上手いんだよ』

リスナーがTOKIOメンバーのダンスは想像がつかない、とメッセージを締めくくると、大野くんはTOKIOのダンスについて語り始めます。

「僕はね、TOKIOの初めての武道館ライブが、ジャニーズ事務所入ってからの初めての仕事だったんですよ。だから、当時も踊ってましたよ。ていうかね。昔、めちゃくちゃ踊ってましたよ、5人。っていうのは少年隊のバックとかでずっと付いてたから。めちゃくちゃ踊れるんですよ、あの5人。少年隊のバックってことは、もうジャズダンス。もうすっごい激しく踊ってるのを、昔よく合宿所にそういうビデオテープがいっぱいあったんで。見てたらほぼTOKIOがバックでしたね、後ろ。だから、凄いんですよ。アクロバットも半端ないんですよ」

今ではバンドスタイルなのでダンスのイメージがあまりないTOKIOですが、デビュー前のダンスはそれはそれは凄まじかったと語る大野くん。

「松にぃなんてロンダートバク宙とかめっちゃ高かったよ。山口くんだって、もうバク転バク宙バリバリだったよ。だって、僕が初めてのTOKIO武道館ライブの時に既に全然余裕でやってましたからね。太一くんだって、東山さんの後ろにずっと映ってる映像とか見てましたから。いや、だから何でバンドになったんだろう、みたいな」

バンドスタイルでデビューしたのが、惜しまれると言わんばかりのダンス力だったようです。

「TOKIOの10周年ライブの時に、嵐5人で観に行った時もすっごい踊ってましたよね。多分、あれ以来踊んなくなったんじゃないですか?だからその時に、やっぱ踊れるよな、って思って。嵐5人で観てましたけどね。だから、ジャニーズはみんな踊れるんですよ。凄いんですよ。今はもうバンドでデビューしてますから。特に別に踊んなくていいと思いますけど。デビュー前とかはやっぱり凄かったね。みんな踊るんですよ、やっぱり」

今ではあまり馴染みのないTOKIOのダンス。しかし、踊っていた頃のそれは大野くんの脳裏に今でも焼き付いている、とのことでした。

【嵐関連記事】
松岡昌宏、後輩への“小僧”呼びに線引き「嵐はもう小僧じゃない」
「嵐にしやがれ元日SP」でリーダー新年会開催!大野智×城島茂×坂本昌行×小山慶一郎
博多大吉、嵐FC会員だった「共演すると櫻井くんに見とれちゃう」

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(通常版) [Blu-ray] ■嵐関連ニューリリース
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(初回Blu-ray) / DVD
ビッグサイズ版ノンノ 2015年 02月号 (嵐表紙)
an・an (アン・アン) 2015年 1/7号 (嵐表紙)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング