15日のTBS系「櫻井有吉アブナイ夜会」にて、生田斗真くんが、嵐との間に確執があったことを明かしました。

嵐・櫻井翔くんと有吉弘行さんが司会をつとめる同番組。この日の一企画では、生田くんに密着取材をし、本音を明らかにする“夜会”の様子がオンエアされたのです。

生田くんはVTRで、番組の取材に対し、嵐結成当初の思いを明かします。

「僕、もれた組なんで。嵐を作る時には、ジャニーズJr.をワッと集めて嵐を作る。グループの中に、僕は入れなかった人間なんで。嵐がガンッて出来た時に、バックダンサーをやることになったんですよね。溝じゃないけど、隙間がバッて出来た気がしたんですよ」

嵐のファーストコンサートにバックダンサーとして出演した生田くん。ジャニーズJr.として一緒に苦楽をともにした仲間たちと、共にデビュー出来なかったことが悔しかったという様子を見せました。

「一緒に横一線で頑張ってたはずなのに、前後ろが出来た事がびっくりしてショックで。俺は負けたんだって言われてる気がしてすごい嫌だった」

デビュー出来なかったことに、嵐メンバーと比べて自分に劣等感を覚えたと言います。しかし、そこでくさらなかったのにはある人物の一言があったのでした。

「嵐のファーストコンサートかな。翔くんが最後のオーラスで、『全てのお客さんと全てのジャニーズJr.に感謝します』っていうことを言ってて。やっぱ櫻井翔カッケー。あれはグッときたな〜」

生田くんが当時そこまでの思いを抱いていたことを知ってか知らずか、スタジオでVTRを見ていた櫻井くんの目にも涙が。

「翔くんが俺の所にパッと来て。すごい小さい声で肩抱いて、『斗真本当にありがとうね』って言ってくれたんですよ。それがすっげえ嬉しくて」

その後、生田くんはめげずに活動を続け、今では俳優として舞台やドラマ・映画に引っ張りだこです。

生田くんが心折れそうになった時に、櫻井くんの何気ない一言によって救われたというエピソードでした。

【嵐関連記事】
嵐・大野智、英語勉強宣言「新成人のみんな5年後に勝負しよう!」
嵐・二宮にナメられている!?SMAP稲垣「可愛いキャラだから許しちゃう」
大野智、昔のストイックさを明かす「お酒飲んで家に帰っても1時間は踊っていた」

Sakura 【初回限定盤】(DVD付) ■嵐関連ニューリリース
Sakura 【初回盤】 / 通常盤
オリエント急行殺人事件 DVD-BOX / BD
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(初回Blu-ray) / DVD

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング