1月24日放送の「関ジャニ∞ 大倉忠義 ラジオ好っきゃねん」(ニッポン放送系)で、ファンマナーに苦言を呈する一幕がありました。

「リクエストに応じて時にハードに時にソフトにリスナーを叱り、元気になってもらう」という企画「大倉忠義に叱られたい ドS編」でのこと。

リスナーからの「私は今部屋の片隅に大倉くんのうちわが落ちてます。拾えばいい話ですがその一手間がめんどくさくて、かれこれ半年ほど放置してます。もちろん大倉くんのことは大好きですが、変なプライドが邪魔をして拾うのをためらってしまいます。こんな私をやんわりと叱って下さい」というメールが読まれました。

大倉くんは「何てことだ…」と言って数秒間沈黙した後、以下のようにリスナーを叱りました。

「うちわ自体はお金を出して買ってくれたわけやから、どうしてもらっても構わないんですけど、これをわざわざ送ってくるあなたのその神経というか、これを聞いて俺がどう思う?っていう気持ちを全っ然考えてないよね。このままやったら俺めっちゃ性格悪くなると思うで。気を付けてホントに」

ちょっとドキッとする叱り方ですが、大倉くんによると「ドS編だから厳しく言っただけ」とのこと。「そんな風に思わないよ俺ホンマは。自由でしょそんな。別に落書きしてくれてもいいし」とフォローします。

しかし「落書きしてんのコンサート会場に持ってくるのやめてほしい」と本音も飛び出します。

「あんまいい気持ちじゃないですよね。ヒゲ描かれたり。あれ応援してくれてんのか悪口言われてんのかどっちなんだろうと思って。笑ってくれるのかっていう意味では自分の顔に落書きされたら全然笑えないですよね。だから持ってくれてんのはありがたいですけど僕は手振らないですからね」と、「落書きうちわ」にはファンサービスしない、と断言しました。

ファンマナーについての厳しい言葉でしたが、言い過ぎたと思ったのか、最後には「大丈夫かな俺。何かそろそろ干されそうな気がするねんけど」と笑い混じりに心配していました。


【関ジャニ∞関連記事】
関ジャニ∞が面白すぎて若手芸人お手上げ 「太刀打ちできない。特殊訓練受けてるんじゃ…」
関ジャニ丸山、紅白リハは「嵐・大野からもらった金の靴」で臨んでいた
大倉忠義、「リア充」という言葉に反発「ホンマ大っ嫌い」

十祭(初回プレス仕様) [DVD]■関ジャニ∞関連ニューリリース
十祭(初回プレス仕様) [DVD] / 初回プレス仕様 [Blu-ray]
・・記憶 / ココロオドレバ (初回限定盤)(DVD付) / 通常盤
エイトレンジャー2 DVD八萬市認定完全版 / BD

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング