関ジャニ∞の村上信五くんとマツコ・デラックスさんがMCを務める「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)2月23日放送回で、V6の三宅健くんが話題に上がりました。

これまでマツコさんが番組で発してきた「名言」を紹介するというコーナーで、「ハロウィンに浮かれている若者」に「ここにいる奴ら1人も日本にいらない!」、滋賀県に「琵琶湖を埋めちゃうってどう?」、そして村上くんの笑顔を見て「私が知ってる中でもあなたは商業笑いが一番得意な人」と言ったことなどを振り返りました。

マツコさんは「最近あんな元気ない。琵琶湖を埋めようだなんて思ってもいないもんあたし最近」と言いつつ、「でもあんたの笑いが商業笑い世界一だっていうのは今も変わんないよ」と、村上くんイジりを開始します。

村上くんが「俺もう最近何かちゃんと笑えなくなってきてるもんな」と冗談半分に告白すると、マツコさんは「隠せなくなってきてるんだって色々」と指摘。

「隠してるつもりはないねんで?」という村上くんに、「そりゃあアンタ仮にもアイドルの一番端っこやってたんだからさあ」と返し、「やってたんちゃう!まだやっとんねん」と素早く突っ込まれました。

「アイドルとして無理になってきた」というマツコさんに、村上くんは「何とかでも延命措置を図ってやってくしかないよ」と主張。

しかしマツコさんからは「違う違う、だから向こうではね…向こうって言っちゃったわよもう」と言われてしまい、「対岸の話!?俺にしたら。関ジャニ∞って」とうろたえます。

「アンタはフェリーか何かに乗って行くわけよ、関ジャニやる時はね。こっちはもうはすっぱの島なんだから!結構な島にいるからなお前もう今」と畳み掛けるマツコさん。さらに同じ島にいる人として、「お前と三宅健ぐらいだよ」と、三宅くんの名前を挙げました。

マツコさんはこれまで「アウト×デラックス」や「ホンマでっか!?TV」で三宅くんと共演し、その天真爛漫さに翻弄されてきました。

マツコさんいわく、芸能界には「2大ケンちゃん」がいるとのこと。それが三宅くんと、ネプチューンの堀内健さんだと言うのです。

「大体一緒なのあたしの中では。ホリケンさんクラスなのよミヤケンっていうのは」と、同じようなキャラだ、と持論を述べます。

さらに「まだお宅の事務所ではホリケンさんの取扱説明書はないのよ。ジャニーズさんちょっと三宅健さんうちに移籍させませんか!?」と、何と引き抜きを打診。

マツコさんが所属する事務所「ナチュラルエイト」は、くりぃむしちゅーを筆頭として、映画パーソナリティーのコトブキツカサさん、ピン芸人の浜ロンさんと、個性派の面々が揃っています。

この中に入れたいと思うほど、三宅くんのキャラはマツコさんにとって異端に感じられているようです。

【V6関連記事】
伍代夏子がV6三宅健との交流明かす 「今時の若い人には珍しい、キッチリしてる人」
中居正広、紅白での後輩との交流を語る「TOKIO、V6、嵐と喋ってた」
三宅健が明かす、V6のお年玉事情…「岡田が中居くんやメンバーに『ちょうだいよ』って…」


facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング