4月27日のフジ系「SMAP×SMAP」に俳優の西島秀俊さんがゲスト出演し、SMAP木村拓哉くんと共演したドラマ「あすなろ白書」の思い出などを語りました。

「あすなろ白書」は1993年に放送された月9ドラマ。西島さんと木村くんは主要人物としてレギュラー出演しており、木村くんが後ろから女性を抱きしめる“あすなろ抱き”は社会現象に。

この日のスマスマにおいて、あすなろ白書を撮影していた時期から、実に22年ぶりの共演を果たす形となった西島さんと木村くんだったのです。

ドラマの主演をつとめた石田ひかりさん・筒井道隆さんやレギュラーの鈴木杏樹さんに西島さんと木村くんを加えた5人は当時、劇中の内容そのままに“あすなろ会”を結成し交流があったのだそう。

西島さんは当時の思い出をこう明かしました。

「(出演者同士)仲良かったですね。木村くんもそうだったけど、みんな結構真剣だったんで。演技をすごく真剣にやってて、みんなでよく話もしてたし。木村くんの家にみんなで行って、飲んだりとかしてましたね」

ドラマの中でも、プライベートでも木村くんたちと過ごした日々は青春だった、といった様子の西島さん。

木村くんも当時のことを懐かしんでいる様子でした。


【SMAP関連記事】
中山秀征、SMAP中居の努力の凄さを明かす「台本を死ぬほど読んで本番前に吐いていた」
北斗晶、SMAPファンのマナーの良さを絶賛「拍手を贈りたいくらい」
ゴロチとヒロくんだけじゃない!ジャニーズの意外な同居事情

B000065BCB
あすなろ白書 DVD-BOX

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング