Yomerumo

4/28(火)発売の「MORE 6月号」(集英社)。

大好評連載中の嵐・二宮和也くんの「It(一途)」。

今月のテーマは「ニガテ」。

自他ともに認める食べ物の好き嫌いが多いというニノですが、実は絶対食べられないものはないそうです。

「高級食材は苦手で、食べるとお腹の調子が悪くなる」と笑いながらニノは話していました。

しかし仕事で連れて行ってもらったお店では高級食材も普通に食べているそうです。

また、プライベートの行きつけのお店でもニノが行くと注文しなくても栄養バランスを考えた料理が何品も出て来るそうで、嫌いな食材が入っていても食べるそうです。

「どちらも相手の善意で出てきたものだし、それを拒否する選択肢はオレにはない」と話していました。

それはニノなりの礼儀と優しさだそうです。

ニノ自身は食べることに情熱がないだけだそうで、「ハンバーガーとかラーメンが好きなのも早く出てきて早く食べられるから」という理由だそうです。

「オレは食に関しては、美味しいか美味しくないかはそれほど重要な基準じゃない。素早く栄養補給できることが大切」と話していました。

食べ物の話も仕事における人間関係では近い考え方だそうです。

「苦手な人はいないけど、嫌いな人は割といる」とニノは言っていました。

嫌いな人でも苦手意識を持たなければ一緒にいい仕事ができることもあるというニノは、常に人間関係では感情的にならずに仕事のために何が必要なのかを冷静に観察して判断しているそうです。

そんなニノのもう一つの苦手なものは「ラブストーリー」。

「苦手というより似合わないって思うだけ。甘いラブストーリーは自分的にどうなのかな」と言い、「ロマンティックな恋愛ストーリーはJ(松本潤)とかにやってほしいし、この先も自分の役割じゃない気がする」と話していました。

そして「ストレートに甘くない恋愛ものならいつかやれるかも」と話を締めくくっていました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング