5月13日の日テレ系「ナカイの窓」にてSMAPの中居正広くんが、自身の姪に対する溺愛ぶりを明かしました。

この日はゲストMCの陣内智則さんをフィーチャーした企画。陣内さんが姪っ子を可愛がっているエピソードが明らかになると、陣内さんも負けじと「中居さん、姪っ子連れて、109行って。ワンフロア、ばーって買って。もう、マイケル・ジャクソンみたいに『this this this this…』(って指さしたものを全部買った)」という中居伝説に言及したのです。

中居くんは、このアメリカのセレブのような“109貸し切りエピソード”には何も反応しませんでしたが、自身の姪っ子を可愛がっていることは事実のようで、こんなエピソードを明かします。

「こないだね、チビがね、女の子2人いるんだけど。15と18の子がいるんだけど。『遊園地行きたい』って言うの。『ヒロちゃんも、行こうよ』って言うけど、さすがに(騒ぎになるとまずいので)『俺、行けないよ』。『でも、行きたい』って言うから(遊園地まで)送りに行って」

2人いる姪っ子たちからは「ヒロちゃん」と呼ばれ慕われているという中居くん。

「(遊園地に着いたのが)その時10時半くらいかな。『じゃ、ヒロちゃん。18時ぐらいになったら多分終わると思うから。18時になったら、連絡するから迎えに来てね』って言われて。俺、1回帰って。1回寝て。また行って。『俺、ヒロちゃんだけど、今、着いたよ』(って電話する)」

姪っ子たちと一緒に遊園地を回ることこそ避けたものの、その行き帰りの送迎だけは自らしてあげたという中居くんです。

これにはスタジオも「優しい〜」の大合唱で、中居くんの“おじさん”としての一面が垣間見れた一幕でした。

【SMAP関連記事】
中居正広、父の死去をラジオで明かす…2年前から癌で闘病
中居正広、ファンに対する本音をぶっちゃける「愛してない…知らない人だよ」
中山秀征、SMAP中居の努力の凄さを明かす「台本を死ぬほど読んで本番前に吐いていた」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング