5月27日のテレ東系「きらきらアフロTM」にて笑福亭鶴瓶さんが、SMAP中居正広くんのお父さんをお見舞いした際のエピソードを語りました。

先日、お父さんが他界したことを公表した中居くんは、お父さんの生前に鶴瓶さん・タモリさん・松本人志さんが揃ってお見舞いに来てくれたことを明かしています。

そんななか、お見舞いに加わった一人である鶴瓶さんが「お見舞いに何も持ってこなかった」と言われていることについて説明したのです。

「お父さんに、俺可愛がってもらってたからね。俺も仲良かってん。お父さんと一緒にゴルフ行ったりしたんや」

お父さんと交流のあったという鶴瓶さんは、中居くんの「お父さん、ちょっと危ないから、(お見舞いに)来て」という言葉に応じて、病院に駆けつけたのだそう。

「俺はね、『ちょっと危ないんじゃないか…』って言われてたから、取りも直さず行ったわけ」と手ぶらで病院を訪れた理由を明かします。

ところが、タモリさんはお見舞い金を、松本さんは昭和に関する本を、それぞれ見舞いの品として持参したとのことで、鶴瓶さんは“自分だけ手ぶらだな…”と焦った様子。

「みんなが、(俺だけお見舞い品が無いと)いなした。俺は、取りも直さず来たということを言えないやろ。お父さん元気やのに、『お父さんがもうアカンと思ったから何も持ってけえへんかった』って言われへんやんか」

もちろん冗談交じりのことでしょうが、手ぶらで来た鶴瓶さんはそのことで集中砲火を浴びたそうです。

「みんなが、俺をいらい(=からかい)だして。『おかしい』、『大人としての態度がおかしい』と。向こうのSMAPのマネージャーの飯島さんまでもが、『それは鶴瓶さん、おかしいわね』って。ちょっと待ってくれ、と(言いたい)」

SMAP担当の飯島マネージャーも鶴瓶さんに冗談交じりで苦言を呈する事態に発展した模様。

鶴瓶さんは、その翌日出直して、オリジナルのトレーナーを中居くんのぶんと、お父さんのぶんを持って再び病院を訪れた、とのことでした。

【SMAP関連記事】
SMAPが30年後の将来像を語る「5年後に解散も」「80歳までやっててもおかしくない」
松本人志、少子化問題で持論を展開「SMAPが結婚しないと嵐も結婚しない」
中居正広、父のお見舞いに来た松本人志の心遣いに感動「タモさんと鶴瓶さんと3人で…」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング