Yomerumo

6/4(木)発売の「日経エンタテインメント!」(日経BP社)。

表紙とインタービューに嵐の櫻井翔くんが登場しました。

今年の上半期はレギュラー番組を除いたソロ活動がない翔くんは現在仕事以外では勉強ばかりしているそうです。

昨年末に来年の上半期はドラマや映画はなさそうという話を聞いた翔くんは勉強をして吸収する時間に充てようと考えていたそうです。

勉強しようと思ったきっかけは昨年末に現衆議院議員の小泉進次郎さんとの対談をした時に翔くんはある危機感を感じたそうです。

「NEWS ZERO」(日本テレビ系)でキャスターを9年務めている翔くんですが、「来たるべき40代を見据えた時に自分はジェネラルな話はできるけど、“刀”を持っていない」と思ったそうです。

この分野なら誰よりも語れますというものをそろそろ見つけたいと思った翔くんは幅広く勉強を始めようと思ったそうです。

「NEWS ZEROを9年もやっていますから、積み上がっていくものはあるんですけど、一方で深く掘り下げていく時間が足りてなかった」と話していました。

今年は太平洋戦争終戦から70年ということもあり、翔くんはこのテーマの勉強を始めたそうです。

「日本の戦争について伝えていくことは思い上がりだと言われようとも、この立場にいる以上自分の使命だと思い込んでやっていかなきゃいけないと思っています。その気持ちは年々強くなって、責任から義務に変わりつつあるとさえ言ってもいい」と話していました。

小学生の頃から戦争に関心の強い子どもであったという翔くんは学級文庫でも太平洋戦争の本ばかりを読んでいたそうです。

また、本格的に報道の仕事を希望するきっかけになった出来事がが“9・11”だったそうです。

「この夏、僕の活動のとても大きな基軸になっていくと思っています」と話していました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング