6月22日のベイエフエムラジオ「BAY STORM」にて、嵐の二宮和也くんが“ワクワク学校”で共演したHey!Say!JUMPについて語りました。

“嵐のワクワク学校2015”では、ワクワク学校初の試みとして嵐とHey!Say!JUMPによるコラボが実現。6月6日、7日の京セラドーム公演でJUMPメンバーと共演した感想について、二宮くんは「(JUMPのメンバーは)凄いっすよね…若さ溢れてる!」と口を開いたのです。

「そりゃそうですよ、だって皆平成生まれなんですから。昭和ではないですから。“10年後にメッセージ(を送る)”みたいな時があって。それをJUMPくんがやってたんだけど、だいたい皆、10年後とかは今のうちのリーダーくらい(の歳)でさ。なんか意外と…そりゃそうだよな、と思って。グループ組んで8年なんだって」

Hey!Say!JUMPの若さみなぎるエネルギッシュさに圧倒されたといわんばかりの二宮くん。JUMPがデビュー8周年ということで、8年下の後輩がデビュー8周年であることに感慨深げな様子でした。

「うち(=嵐)と半分ぐらい違うのかな。そら、そっか。2期下だもんね。NEWS挟んでHey!Say!JUMPだもんね。そこは多分4年周期なんですよね。だから、俺らが(デビュー)16年でしょ、今年。だから、V6のお兄さんは20周年」

ワールドカップバレーボールのイメージキャラクター・スペシャルサポーターを歴任してきたのは、V6・嵐・NEWS・Hey!Say!JUMP・Sexy Zoneという顔ぶれで、この仕事が“実質的な”デビューということになっているようです。

「その4年ごとに、ずっと(グループが)出てたから。その子たちは『あっ、後輩だな!』って思う。別に、他の人たちも後輩なんだけど。なんか、時々テレビでさ、ワールドカップ(バレーボール)とか見るとさ。自分たちのこともさ、デビューした場所だから、当然思い出すわけ」

ワールドカップバレーボールを見ていると、デビュー当時の記憶が蘇ってくるのでしょうか。二宮くんは、ワールドカップバレーを応援する後輩を見ると、より“後輩感”が増して見えるという口ぶり。

「見ながらにして。そこで歌ってるの見ると、『えっ、あれから4年経ってるの…』とかさ。『えっ、8年経ってるの…』とかなるわけ。で、12年も当たり前にあって。16年目が今年でしょ。『てことは、お兄さんたち(V6)はもう20年か…』とかさ。それ見て思うわけなんだよね。振り返りやすいの」

もちろん主役はプレーする選手ですが、ワールドカップバレーが、選手を応援するジャニーズにとってもデビューの節目として特別なものであるといった様子の二宮くんでした。

【嵐関連記事】
JAL新CMソングに嵐新曲「ユメニカケル」
嵐・大野智、嘘をつかない櫻井翔らしい発言が嬉しかった
二宮和也、山田涼介からのバースデーメッセージにダメだし

B00YG7MOQ6 ■嵐関連ニューリリース
ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(初回盤DVD) / BD
ようこそ、わが家へ DVD-BOX / Blu-ray BOX (相葉雅紀)
流星の絆 Blu-ray BOX (二宮和也)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング