嵐の二宮和也くんがパーソナリティーを務めるラジオ「Bay Storm」(BayFM)7月19日放送回で、Hey! Say! JUMPとKinKi Kidsについて語られました。

嵐とHey! Say! JUMPは今年、イベント「嵐のワクワク学校2015」で共演しましたが、これについてリスナーから「JUMPのメンバーで共演前と共演後で印象が変わった人は?」との質問が寄せられました。

二宮くんは、JUMPの印象について「いい子たちですよね、若くて」「仲良い印象を受けましたし、ほんと真面目にコツコツ頑張ってるグループだなって印象」と語ります。

ただ、先輩としてのアドバイスなどを求められることに対しては「上手く逃げてる」と乗り気ではない模様。

「もう手に取るようにわかるわけじゃん、25、6のジャニーズ事務所のデビューしてる人たちの悩みなんざ。生きてる時代とかも違うかもしれないけどさ、わかっちゃうと思うよ。言っていいのか悪いのかってことじゃん」と、気持ちがわかるだけにアドバイスしたくないという考えを明かします。

「いいんじゃない?自分のやりたいようにやれば。人様に迷惑かけない答えだったらやりたいようにやっていいと思う」と、独特の意見を語っていました。

JUMPはデビュー8年目ということで、「関ジャニ∞とあんま変わんないもんね。1、2年ぐらいの話じゃないかな多分」という二宮くん。「うちとKinKiみたいな感じだと思いますよ」とKinKi Kidsの名前を出します。

嵐のデビューは1999年、KinKiは1997年と2年しか変わりませんが、KinKiは結成からデビューまで5年活動していました。

「KinKiの兄さんたちはデビューする前からずっとKinKi Kidsで活動していた期間がものすごい長いから」として、「我々なんかはスピード婚みたいなもんなんですよ。集まってすぐデビューした人たちだったから。KinKiの兄さんたちは付き合って何十年で結婚に踏み切りましたみたいな」と、2グループのデビューを「結婚」に例えた二宮くん。

「色々違うんだよ、形態がね」と、ジャニーズのグループの様々な経緯に思いを馳せていました。

【注目記事】
9/23「Mステ ウルトラFES」放送決定!史上初の10時間生放送
嵐ニューシングル「愛を叫べ」9/2発売決定!予約受付開始
自分でチケット取り、邪魔にならぬよう最後列へ… 「サマステ」参戦のジャガーズの気遣いに感動の嵐

B00YG7MOQ6 ■嵐関連ニューリリース
ARASHI LIVE TOUR 2014 THE DIGITALIAN(初回盤DVD) / BD
・・愛を叫べ(初回限定盤) / 通常盤
大野智作品集 FREESTYLE II (大野智)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング