ジャニーズの中でも最もBUSAIKUとは無縁で、後輩たちの憧れの存在であり、女性はもちろん男性からも一目置かれているSMAPの木村拓哉。見た目のカッコ良さだけでなく、男気があり、数々のラブストーリーを演じて女心も理解していそうなオーラがある。

その木村拓哉が、7月27日、Kis-My-Ft2メンバーが女性目線からのカッコイイ男になるためのセンスやノウハウを学ぶ冠バラエティ番組「キスマイBUSAIKU!?」(フジテレビ系)にゲスト出演。「働く女性の恋心、わかってる?」をテーマに、女性弁護士30人に聞いた「恋愛2択SP」に参加した。

1問目は彼女から「仕事で帰りが遅くなるから先に寝ていていいよ」と言われたときの2択で、《先に寝る or起きている》という質問に「起きている」を支持した。

「仕事は弁護士さんでも、家に帰ったら(ただの)女性と男性」「起きているっていういい方はあまりしたくない。『ああ、お疲れ』って言って、自分はすごく見たい映画があった、くらいのスタンス」とコメントしたが、女性弁護士の答は「先に寝ていてほしい」だった。「(自分と彼女が)逆だった場合、本当に寝ていた場合『寝てんのかい!?』という気持ちになる」「先に寝てていいって、ちょっとMなんじゃない?」と、その回答に首をかしげた。

2問目は、お互いに忙しくなかなか会えない彼女から『仕事と私、どっちが大事なの?』と聞かれたときの2択。「本当は仕事だけど、『彼女』いうのが、恋人間の礼儀」と大人の意見。これは、過半数の女性弁護士が「彼女」を選び、働く女性の恋心を見抜いた。

さらに「彼氏の誕生日に仕事でどうしても帰れなくなったときの《叱ってほしい or 優しくしてほしい》の2択では、自信をもって「叱ってほしい」をおした。これも、女性弁護士の意見は「優しくしてほしい」で、横尾渉を除く全員が不正解。「誕生日ごときで叱るような器が小さい男とは別れる」という厳しい意見も。「司法試験に受かっている、それなりのストレスを乗り越えてきた女性たちだということを忘れていた」とコメント。共演が多いキスマイメンバーとの男子トークで、自然体でありつつも、大人の男性ならではの包容力と気遣いが目立った。

後半の「キスブサ“ドキッ”とアンケート」では、「痴漢をされたことも、痴漢を撃退したこともある」とKis-My-Ft2もドキッとするようなエピソードを披露した。

デビュー後も、よく電車に乗っていたというSMAP。痴漢された相手は女性で、代々木八幡駅から代々木上原駅間での出来事。「電車に乗っていて、代々木八幡駅ぐらいから(身体を触られて)『おっ』となって。どうしようかと思って……すごかったよ」と話した。たとえひと駅でも、長く感じたに違いない。既にデビューしていたが、相手は木村拓哉とは知らなかったそう。「その女性はすごい贅沢!」と玉森裕太がコメントした。

また、痴漢を捕まえたのは、新宿駅から中野坂上駅まで丸ノ内線に乗っていたときのこと。「なんだ、こいつっていうおっさんが女子高生のスカートを……。その女の子は歯をくいしばって耐えていて。たまたま持っていたビニール傘でツンツンツンと刺激して『何やってんの?』って聞いた」。相手は「何がだよ」とキレたが、「全部見てっから。何やってんだよ」と問い詰め、一歩も引かなかったそう。

女性に痴漢をされても大騒ぎせず、反対にJKに痴漢をする男性を見つけたら、見て見ぬふりはしない。正義感と男気にあふれた熱い男、木村拓哉は、過去も今もHEROだ。

(ライター:佐藤ジェニー)

【SMAP関連記事】
ダンスの覚えが早い中居正広、コツをコワモテ俳優にレクチャー
SMAPニューシングル9/9発売決定!予約受付開始
心理学者が分析したSMAP&嵐の凄さに明石家さんまも納得

B012V15EK6 ■SMAP関連ニューリリース
【早期購入特典あり】 タイトル未定 (初回盤A+B+通常盤セット)
タイトル未定(初回限定盤A)(DVD付)
タイトル未定(初回限定盤B)(DVD付)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング