Yomerumo

7/29(水)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。

嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。

今日の一言は「親の意見となすびの花は千に一つの無駄はない。」。

これは、ナスは花が咲くと必ず身をつけるということから、親の忠告には何一つ無駄がないという意味のことわざだそうです。

リスナーさんからの「智くんはお野菜をちゃんと食べていますか?」というお便りからのお話です。

大野くん、野菜を摂取するように日頃から気を付けているそうです。そんななか、大野くんは子どもの頃、ピーマンが苦手だったそうです。

「あれは大人の味だと思ってた。苦かったから」と話していました。

お母さんがピーマンの肉詰めを作ってくれたので大野くんも頑張って食べてはいたそうですが、苦手だったそうです。

大人になってからピーマンが美味しいと思えて克服できたそうです。

またピーマンと同じくらい苦手だったのはナスだったそうです。

「ナスは色が嫌いだった。しょうがないよね、子どもの時そう思っちゃったら」と笑いながら話していました。

そんな大野くんは子どもの時に食卓に並んでいたナスの漬物を食べてみたそうです。

「出した。水で口をゆすいだのも覚えてる。それ以来ナスとは無縁だった」と話していました。

そんな大野くんも大人になってからナスが出てきた時があったそうです。

子どもの頃の記憶が残っていたためナスには手をつけなかったと話していました。

その後ナスを使った中華料理を食べた時に初めて大野くんはナスが美味しいと思えたそうです。

「(ナス克服は)長かった。20年以上かかったんじゃないかな?そこからナスは食べれるようになった」と話していました。

ナスの漬物もその後に出てきたことがあったそうです。

子どもの時の記憶が蘇ったそうですが、ナスを克服したからと食べてみたところ美味しかったそうです。

「今はピーマンもナスも大好きです。野菜も大好きです。ベジタリアンも大好きですが、デジタリアンも大好きです」と話し、本日発売の昨年末に開催されたライブのDVD『ARASHI LIVE TOUR 2014 DIGITALIAN』を是非見てくださいと話を締めくくっていました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング