Yomerumo

9/18(金)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。

毎週金曜日は嵐の大野智くんがリスナーの質問に答えていきます。

リスナーさんからの「8/28(金)放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を見ました。私は大ちゃんがうっかりお股に置いたマイクを思い出したかのようにさりげなく横に戻した瞬間を見ました。」というお便りからのお話です。

この話は以前、リスナーさんから「ミュージックステーション」で大野くんが座っている時にマイクを太腿の間に挟んでいるというお便りで話題になりました。しかし、大野くんはこのお便りの件をすっかり忘れていたそうです。

「今振り返るとお股に(マイクを)置いた記憶がなくて横に置いた記憶しかない」と話していました。

「ラジオで言われてから横に置くようになってるから治ったんだよ、すごいよね」と言っていました。

その後、当日に初披露した『愛を叫べ』の振り付けの話になりました。

2番では嵐が5人縦になる振り付けがあるそうです。

その時に大野くんと二宮和也くん、松本潤くんがしゃがみ、松潤が大野くん、大野くんがニノの腰を持つ態勢になるそうです。

「この時に松本がリハーサルの時に腰を揉むんですよ!」と言いました。

くすぐりに弱い大野くんは耐えられず立ち上がり「マジ本番はムリだから!みんな緊張してるんだから本番ではダメだから」と伝えたそうです。

松潤は「本番ではやんねぇよ!」と答えたそうですが、ミュージックステーションの本番では「本番でも松本がやりやがった!」と言いました。

本番なので立ち上がれず動くしかなかったという大野くんでしたが、本番後に振り返ったら松潤のイタズラが逆にリラックスできたそうです。

「松本に感謝かな。楽しんでできました」と話していました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング