10月17日放送のラジオ「タッキーの滝沢電波城」(ニッポン放送)に、タレントのヒロミさんがゲスト出演しました。

ヒロミさんといえば、滝沢秀明くん、今井翼くんや、嵐、関ジャニ∞のメンバーらがジャニーズJr.時代、いわゆる「黄金期」の伝説の番組「8時だJ」の進行を務めていたことで、ジャニーズのファンにもおなじみ。

収録の前日は関ジャニ∞と仕事をしていたというヒロミさん。生田斗真くんとはヒロミさんがあまりタレント活動をしていない時にたまたまハワイで会ったそうで、「斗真良かったなー」などと話したそうです。

「俺斗真結構可愛がってたんだよな。ちっちゃくて可愛かった、あの子。急に大きくなっちゃったんだよな、で声変わりして『アレ?』みたいな」と冗談を言いつつ、「斗真が役者さんで出てきた時、全然俺は普通に視聴者だったから、『良かったなーこの子出てきて』とか」と、生田くんの活躍を喜んでいるようです。

当時目を付けていたJr.のメンバーを聞かれると、「その当時から山下(智久くん)とか、ニノ(二宮和也くん)だとか相葉ちゃん(相葉雅紀くん)、松潤(松本潤くん)ね。どのグループになるかってのは全くわかんなかったよね。ただこういう子たちは出てくるんだろうなとか、関ジャニの子はよくしゃべるなとか上手いよねってのは記憶に残ってるもんね全員」とのこと。

相葉くんは当時「相葉」と苗字で呼び捨てされていましたが、ヒロミさんが「スーパーアイドル相葉ちゃん」と呼び出してから「相葉ちゃん」というニックネームが定着したという裏話も。

また二宮くんについては、「すっごいボーッとしててさ、『ニノは今日何してたの』っつったら『ボーッとしてたら夕方になった』って、そんな子なんだよ。強烈だったもんね」との印象を語ります。

放送当時は30代だったヒロミさん。10代半ばくらいの男の子たちと仕事するのはどんな気持ちだったのか聞かれると、「絶対この中からスターが生まれるんだろうなってのは、やっぱりジャニーズだし、何人優しくしとこう…」と冗談を言いつつ、「よく遊びに連れてったじゃん。嵐の子たちとか、Jr.の子たちの一軍メンバーみたいなのが何となくいるからさ、そういう子たち連れてよく遊び行ってたもんね」と当時を振り返ります。

共演していたJr.のメンバーにはデビューして活躍しているタレントも多いですが、「俺も子どもすぎて覚えてなかったりとか。『僕も8時だJにいたんです』とか、亀梨(和也くん)とかね。すごいところに関わってたから、スターになる前の。嵐にもなってない5人組なわけじゃない。すげーとこにいれたな」と、改めて「黄金期」のJr.に携わっていたことを噛み締めている様子でした。

ちなみに現在のジャニーズとのプライベートでの交流は、「中居(正広くん)とかは週に1回ぐらい連絡してるかな。戻ってきてから番組で一緒になったりとか、ちょこちょこ連絡してくる」そうですが、「めんどくせえお前、連絡してくんな!」と冗談で文句を飛ばしていました。

【嵐関連記事】
日テレ系「ベストアーティスト2015」が11.24放送決定!総合司会は櫻井翔
嵐・相葉、風間俊介の主演映画を風間と二人で見に行くと予告
嵐5大ドームツアー「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」無効チケット公開

B014K8I2WA ■嵐関連ニューリリース
Japonism【初回盤】 / よいとこ盤 / 通常盤
J Movie Magazine Vol.05 (表紙:二宮和也×黒木華)
シネマスクエアvol.80 (表紙:二宮和也×山田洋次)

いい訳しない生き方。
いい訳しない生き方。

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング