10月20日放送のラジオ「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(文化放送)は、堂本剛くん、堂本光一くん二人でのパーソナリティー担当でした。

10時間の生放送だった「MUSIC STATION ウルトラFES」では、TOKIOとV6とKinKiの「J-FRIENDS」でメドレーを披露しましたが、曲開始前、森田剛くんが国分太一くんのことを「あんま好きじゃないっす」と発言、それを聞いた城島茂くんが怒ってあわや乱闘…という「コント」が行われました。

これについてリスナーから、「V6とTOKIOのケンカコントで少し離れたところで笑っているKinKiを見て『ああこの感じ懐かしい』と笑ってしまった」とのメールが寄せられました。

「J-FRIENDS」(1997年結成、2003年終了)として活動していた頃、「乱闘コント」は定番のネタだったのです。

剛くんによると、「あの感じ始まるとね、ちょっとやっぱ入れないっていうかね。今まで、過去にも入らなかったですからね我々は」と、KinKiは「乱闘しない」ことにしているよう。

乱闘コントでは最後に城島くんがみんなに胴上げされるというのがお決まりの流れですが、Mステでは時間の都合上そこまで行けませんでした。

これについて光一くんは「胴上げまで行かんかったのちょっと残念やったわ、俺見てて」としょんぼり。

剛くんは「あのまま胴上げしてお客さんの中入ってってね、Dragon Ashみたいになったらちょっと良かったんですけどね。茂Ashみたいになったらおもろかったんですけどね」と、客席にダイブするパフォーマンスを度々行うバンド「Dragon Ash」の名前を出してボケていました。

【KinKi Kids関連記事】
「セクゾ中島くんが将来光ちゃんみたいになったら嫌」 リスナーのぶっちゃけに堂本光一苦笑
堂本剛、関西Jr.の古謝那伊留に金銭を要求!?
乳がん手術の北斗晶、KinKi Kidsに感謝 「夢を叶えてくれてありがとう」

B00ZEU0KQA ■KinKi Kids関連ニューリリース
ラッシュ/プライドと友情 スペシャル・エディション[DVD] / BD
ひよこクラブ2015年11月号 (堂本剛インタビュー)
BEST STAGE 2015年 10月号 (表紙:堂本光一)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング