11月3日に1夜限りの復活をしたTBS系特番「学校へ行こう!2015」の平均視聴率が、17.8%を記録したことが明らかになりました。

瞬間最高視聴率は、番組終盤の午後9時43分頃に「愛なんだ」の映像が流れて三宅健くんが涙を流した瞬間の22.1%でした。

<学校へ行こう!>復活SPの平均視聴率は17.8% 瞬間最高は三宅の涙で22.1% (まんたんウェブ)


「学校へ行こう!」は、学生たちの悩みや疑問を調査・解決という趣向で、V6メンバーが直接学校などへロケに出向き、学生たちと出会い、様々な企画を行うバラエティー。1997年10月〜2008年9月まで11年間放送され、名物コーナー「未成年の主張」や「B-RAPハイスクール」「東京ラブストーリー」など、当時の学生たちにブームを巻き起こしました。

3日の放送では、当時と同じスタジオに、V6、みのもんたさん、渡辺満里奈さん、紗栄子さん、夏帆さんら歴代レギュラーメンバーが集結。学校の屋上からさまざまな告白をする名物コーナー「未成年の主張」などの懐かしの企画が放送されました。

【V6関連記事】
森田剛主演映画「ヒメアノ〜ル」衝撃のビジュアル&予告編動画公開
V6が24時間生放送「チャリティ・ミュージックソン」メインパーソナリティーに
「ジャニーズは派閥ある?」有働アナの質問にイノッチの返答は…

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング