大晦日に放送された「第66回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が発表され、関東地区で第1部が34.8%、第2部が39.2%の視聴率を記録したことが明らかになりました。

第2部の39.2%は、2007年の39.5%以来8年ぶりとなる40%割れで、2004年の39.3%を下回る過去最低となったとのことです。

「紅白」視聴率 後半39.2% 2部制以降歴代最低(スポニチ)
紅白視聴率1部34.8%・2部39.2%で前年割れ、2部は8年ぶり40%割れで過去最低(マイナビニュース)

今回のNHK紅白歌合戦のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」で、白組司会をV6の井ノ原快彦くん、紅組司会を綾瀬はるかさんが担当。ジャニーズからは過去最多となる近藤真彦さん、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zoneの7組が出演しました。

【注目記事】
大野智、日テレ連続ドラマ主演決定!ラブコメに初挑戦
田原俊彦の娘がジャニーズ主演ドラマに出演
マッチが選ぶ「ジャニーズドリームチーム」 V6、嵐から選抜されたのは…

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング