Yomerumo

1/5(火)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。

嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。

今日の一言は「弾き方を身体が覚えているというのはあるけれど、大事なのは心で、筋肉はただ動きを覚えているだけだ。」。

これは世界的に人気のあるラテンロックバンド「サンタナ」のリーダー、カルロス・サンタナさんの言葉だそうです。

リスナーさんからの「大ちゃんが感動するのはどんな瞬間ですか?」というお便りからのお話です。

大野くんは「メンバーが頑張ってるのを見ると泣いちゃう」と言いました。

そんな大野くん、一度でいいから嵐のコンサートを観てみたい思いがあり、大野くん以外のメンバー全員も同じことを言っているそうです。

そして今日は去年11〜12月にかけて開催されたツアーの話になりました。

12/27(日)のツアー最終日では先輩、少年隊・東山紀之さんがゲスト出演して「日本よいとこ摩訶不思議」を踊ってくださったそうです。

開演前の昼間にリハーサルにも東山さんは参加。大野くんは「東山さん、カッコいい!貫禄があるよね」と話していました。

一緒に踊るところでは東山さんの少し後ろにいた大野くんはついつい見てしまったそうです。

また、大野くんのソロ曲では演出でイリュージョンと「MASK」という仮面を取っていくというものだったとのこと。

この演出は大野くんが17歳の時に出演していた京都の舞台でやらせて頂いたものをまたやったそうです。

「京都で1000回くらいやっててその時も気持ちは入ってましたが、今回は仮面の取り方がレベルアップしてるのがわかりました。やってて気持ちがよかった」と話していました。

ジャニーズの原点回帰も含めた今回のツアーで大野くんは「ジャニーズの歴史は大事ですね。後輩に受け継いで欲しいし、僕らもまだ受け継いでいきたいと思ってます。ステキなライブが無事故で大成功してよかったです」と話を締めくくっていました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング