V6の坂本昌行くん、長野博くん、井ノ原快彦くんがパーソナリティーを務めるラジオ「V6 Next Generation」(JFN系)1月23日放送回で、年末のNHK紅白歌合戦の裏話が明かされました。

白組司会という大役を務めた井ノ原くん。当然ながらメンバーとは別の楽屋で、ほとんど会わなかったということで、「ちょいちょい坂本くんと長野くんが来てね、頑張れ頑張れって言ってくれるのがね、もう『あーそっち行きたい、楽屋も楽しそうだな』と思って」と、寂しかったという気持ちを告白します。

坂本くんは「数倍に見えた、井ノ原が。すごいなと思って。MCで感動したのは初めて。メンバーだから贔屓目もあるけど、ちょっと感動したもん。演歌の大御所背負って」と、井ノ原くんの司会っぷりを絶賛。

今回の紅白で「卒業」となった森進一さんの紹介の際は、「今まで感じたことのないオーラを後ろから感じたよ!お前頼むぞ〜、って感じでぞわぞわって来て。あそこだけちょっと失敗できない、僕は命がけで。やっぱ最後だし」と、かなり気合が入ったという井ノ原くん。

森さんとは、事前の面談で「うちの父親と同郷(鹿児島)なんですって話をして、『そうかぁ、どこだ?』って。教えたら、『田舎だな〜』って言われて」というやりとりもあったそう。

そうした交流もあったことで、紹介では「一応台本みたいのも書かれてんだけど、気持ちを込めて、自分なりに言わせていただいた」そうですが、「また尺使いすぎちゃったらしくて、後で色々言われた」と告白。

坂本くんが「大変なんだね〜やっぱね!」と同情すると、「ちょっとたっぷりやりましたねぇ〜井ノ原さん」と「色々言われた」内容も明かします。

ただ、森さんからは「これで悔いはないよ、ありがとう」との言葉をもらったそう。「いい記念になりましたよ」としみじみする井ノ原くんでした。

坂本くんは「誇らしいですよね僕らも。上手いな〜と思って。何この安定感!と思って」と、とにかく井ノ原くんの司会を褒め称えます。

「一般の高齢者の方たちね、おじいちゃんおばあちゃんたちは、歌って踊れるアナウンサーだと思ってるよ。逆だと思ってると思う」と言うと、3人で「このアナウンサーすごいね!」「アナウンサーV6に入ってるよ!」「すごいコラボねぇ!」「ソロ取っちゃってんじゃん!」と、おじいちゃんおばあちゃんの反応を想像し、盛り上がります。

坂本くんが「司会者によってその時の空気感って変わるんだなってすごい感じた」と言うと、井ノ原くんから「マッチさんもいたし。白が負けたって瞬間、後ろでみんなが『オイオイオイ!』みたいな」と、ジャニーズの仲間との話題が飛び出します。

長野くんが「マッチさん、『おい大問題だ』って」とその時の事を振り返ると、井ノ原くんも「『井ノ原これ、お前大変だぞこれ』って。『ちょっと待って下さいよ!』って」とのやりとりがあったと明かします。

白組司会として負けをイジられてしまったようですが、「でもあれ言ってもらわないとほんと困るよね」と井ノ原くん。負けた時はわざと強めに当たってもらえた方が気が楽なようです。

その後、他の出演者からは優しく「ドンマイ、ドンマイ」とも言ってもらえたそうです。

坂本くんからは「ちょっとびっくりしたっていうか、あ、そうなんだって思った」という話が。

紅白の後、毎年恒例の川崎大師の初詣に行ったV6の面々。ジャニーズカウントダウンに出演していた嵐とTOKIOに会い、「無事終わって、実は白負けちゃったんだ」と報告したところ、「え?嘘でしょ?」と、「負けたことに対してのリアクションがマジだったの」。

「『嘘だよ、嘘、負けたの?』って。逆に俺、『え?みんなそんな勝敗気にしてたの今まで』と思って。『お祭りじゃなかったの?』と思って」と、ちょっと意識に差があったようです。

これを聞いた井ノ原くんが、リハーサルの時のエピソードを明かします。

「去年木村(拓哉)くんが、勝った瞬間にハイタッチしてくれたの。『俺ここに関してはマジだから』ってずっと言ってた。今年も『俺ここに関してはマジだから』って言ってて、『大丈夫です大丈夫です、任して下さい』って言ってた」そうですが、結果は残念ながら白組の負け。

「おいお前どうすんだこれ!」と冗談めかして突っ込んだ木村くんですが、「一番最初に『ドンマイドンマイ、大丈夫』って言ってくれて」とのこと。

他の出演者からも、「大丈夫、いや俺のせいだよ俺のせいだよ」と優しいフォローが。何と森進一さんからも「いやいや、俺のせいだ」とのフォローがあり、それはすぐに「いやそれはないです!それはないです森さんのせいじゃないです!」と全力で否定したといいます。

井ノ原くんは「あの負けた瞬間に白組が一つになった感じがしたんだよね」と、しみじみ振り返っていました。

さらに本番中には、近藤真彦さんから「『倒れたら俺が抱きしめてやるからな』とかさ、すげーイケメンなこと言われんの」。

SMAPの中居正広くんからも、「『お前ここまで来たら大丈夫、あと頑張れ』とかさ、『見てたけど大丈夫、全然大丈夫、頑張れ』」との言葉をもらったそう。「それで乗り越えた感じありましたね」と、ジャニーズの絆を感じさせるエピソードを披露していました。

2014年のV6初出場に続き、今回は司会という大役も務めたことで、「もういいっすね、いい記念になりましたね。去年も言ってたじゃないすか、もうこれ以上はないと。もういいでしょ、これバチ当たるでしょ、これ以上は」と、早くも紅白「卒業」を匂わせる井ノ原くん。

坂本くんは「ほんとそう、ほんとそう」と同調しますが、長野くんからは「来年も井ノ原さん…」との無茶振りが。

「いやいや勘弁して下さいよ!」という井ノ原くんですが、長野くんは「いやいや井ノ原さん、あの安定感は」と引かず。坂本くんも「ほんとあの安定感はすごいですよ」と長野くんに乗っかります。

「記念になりました、ありがとうございました」と話を終わらせようとする井ノ原くんに、坂本くんは「(来年は)井ノ原さんをテレビで見ましょうね」と長野くんとニヤニヤ。「やめてください!」と大慌ての井ノ原くんでした。


【SMAP関連記事】
木村拓哉、ネットで話題のタイムリープ説に言及「知り合いから聞いた」
SMAP中居からキスマイ北山に受け継がれる、お年玉の「ハズレシステム」
木村拓哉、関ジャニ∞との紅白舞台裏語る

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング