Yomerumo

3/9(水)発売の「ザテレビジョン」((株)KADOKAWA)。

4/13(日)から主演ドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ系)が始まる嵐の大野智くんが表紙と巻頭インタビューに登場しました。

大野くんが演じる主人公はホテルチェーンの社長・鮫島零治。鮫島は本当の恋を知らない性格難ありな男性だそうです。

「零治じゃ僕とは真逆というか、すごく上から物を言うところは僕と全く違うかな」と話していました。

そういう態度を取ってしまうのはある意味ピュアなのかなと感じたという大野くんは「零治は『怪物くん』(日本テレビ系)の人間バージョンって感じかも」と言っていました。

そんな大野くんにインタビュアーさんは「社長という肩書にどんなイメージがあるか」と質問。

すると、大野くんは「小さい頃はドンと座ってて何もやらない人ってイメージだったけど、俺にとっての社長はジャニー(喜多川)さんだったから」と答えました。

ジャニーさんを見てきた大野くんにとっては意外と社長も動くというイメージに変わったそうです。

「運転手が運転する車の後部座席でどっぷり座ってるのが社長だと思っていたら、ジャニーさんは自分で運転するんだよ」と言い、「逆にジャニーさんが運転する車の後ろに僕らタレントが座ってたりして。乗せてもらいながらこれ逆だよなって思ったことがある」と笑いながら話していました。

「零治も結構動く社長だから。きっと零治には自分の中にビジョンがしっかりとあるから自分で動いて色々見てるんだろうね」と話していました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング