Yomerumo

4/14(木)放送の「ARASHI DISCOVERY」(Fm yokohama)。

嵐・大野智くんの恒例、「今日の一言」コーナー。

今日の一言は「過去のリーダーは命じることだが、未来のリーダーの仕事は聞くことが重要になる。」。

これはオーストリア出身の経営学者、ピーター・ドラッカーさんの言葉だそうです。

リスナーさんからの「大野くんが知っている社長さんはどうですか?」というお便りからのお話です。

大野くんにとっての社長は、子どもの頃からお世話になっているジャニー喜多川さんになるそうです。

「一言で言うと、よく動く人」と話していました。

社長というと、どっぷり構えているイメージがありますが、大野くんにとっては理想的な社長だそうです。

ジャニーさんは何でも自分でやってしまう人だそうで、合宿所に泊まっている時は「YOU、遅刻しちゃうよ!」と起こしてくれたこともあったのだとか。

大野くんは甘えていたそうで、「学校休んじゃダメ!」とジャニーさんが近くの駅まで車で送ってくれたそうです。

また、レッスンが終わった後に合宿所に戻るとご飯も作ってくれたとのこと。

「社長って一番上の人が頑張ってるから、下が勝手についてくるんだなって感じがあります」と話していました。

ジャニーさんはダメ出しもするし、褒める時はすごく褒めてくれるそうです。

大野くんはジャニーさんから「YOU、もうホント最低!信じられないよ!」とウザいほど言われたこともあったそうです。

まだ小さかった大野くんはジャニーさんからのダメ出しにふて腐れてしまったことも多々あったそうです。

ジャニーさんも「怒ってるの?」と聞いてきて、少し間を置いてから「ごめんね」と言ってくることもあったそうです。

「そういう時かわいくなって仕方なくなる、子どもみたいになってた」と話していました。

「いい社長ですね。この事務所に入ってよかったと思いました。尊敬できる社長です。これからもお世話になります」と話を締めくくっていました。

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング