グループ活動休止中のKAT-TUN・中丸雄一くんが14日、レギュラーを務める日本テレビ系「シューイチ」に生出演し、SMAPの解散発表についてコメントをしました。

番組中盤でSMAP解散発表のニュースが取り上げられ、司会の中山秀征さんからコメントを求められた中丸雄一くんは「この件に関しては本当に噂も多くて、冷静に動向を注視していたんですけど、昨日の夜(解散を)知って、本当に困惑しています。記事を読むと、休止している身として、規模とかは全く違いますけれども、そういった気持ちで見るととても泣けるなと思います」と心境を告白。

中山秀征さんが「メンバーがそれぞれやっぱり意見をしっかり持っているんだよね?」と問いかけると、中丸くんは「そうですね。本当に経験上、内容はしらないですけれども、決断に至るまで相当な話し合いを重ねたと思うんですよ。だからその決断というのは飲み込みずらいですけれども、尊重する気持ちをもって、決まった以上は今後ソロ活動に、みなさんが良い方向に進むように願うしかないと思いますね」と返答。

さらに「SMAPは本当、男性グループとはどういったものなのかを一つ提示したモデルケース、先駆者だと思うんですよね。だから少なからず、同じ事務所の後輩は絶対に影響を受けている。ちょっと悲しいですね」と目に涙を浮かべながら語りました。

最後に中丸くんは「一つホッとしたのは、事務所の移籍がなかったということですね。自分と照らし合わせるとKAT-TUNは(辞めたメンバーが)外に行っているんで、今後交わるということがとても難しいことだと思うんですけど、一つのコミニティといいますか繋がりがあるのは、僕は個人的な意見ですけど良かったなと思ってます」「ふと冷静になってみると25年間、第一線でやられたっていうのは奇跡じゃないかと僕は思います」と述べました。


【関連記事】
SMAPが12月31日で解散…ジャニーズ事務所が発表
KAT-TUN中丸雄一、充電期間を生説明「1年か2年か」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング