TOKIOの城島茂くんが20日、メインキャスターを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」に生出演し、SMAPの解散について言及をしました。

城島茂くんは「僕らTOKIOというチームですけど、デビュー前からずっとSMAPのバックダンサーとかバックバンドやってたんです。それこそうちの長瀬が小学生ぐらいの頃からSMAPのバックやっていたんで、そういうことを考えると十代の頃からずっと、一番付き合いの長いグループ同士なのかな」とSMAPとTOKIOの関係性を説明し、SMAPの解散について「正直、ビックリしたというのもある。結成して28年、ずっと続けていく難しさというのは絶対、僕らもそうですけどにあったと思います」と心境を告白。

また、番組共演者の石原良純さんから「僕は中居さんが一番一緒に仕事が多いんだけど、リーダーというのはやっぱり違うんですか?」と聞かれると、城島くんは「中居くんは、絶対頑張ってる姿を外に見せないリーダーでしたね。ネタ本とかもずっと十代の頃から寮で書いていて、何冊も。努力を絶対人に見せないリーダー像というか」と返答。木村拓哉くんについては「木村拓哉くんは自分がビシッと、ドラマなり、矢面立っていくという。(中居くんと木村くんで)“双頭の龍”じゃないですけど、そこの部分では最強のグループだったなと思います」と語りました。

さらに、今後のSMAPメンバーの活動について「5人が5人ともソロで通用するアーティストなので、そこの強みというのはあるので、これから解散って本当にどうなっていくのかまだわからない部分はあるかもしれませんけど、5人のこれからを見ていきたいなと思う」と期待し、「たぶん日本の芸能史は(SMAPを)超えられないでしょうね。これだけのアイドルというのは」とSMAPの凄さを語りました。


【SMAP関連記事】
SMAP木村拓哉、ラジオで謝罪「本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」
NEWS加藤シゲアキ、SMAPへの思い語る「僕がここにいるのもSMAPのおかげ」
NEWS小山、SMAP解散に言及「偉大な先輩であり、夢であり、憧れであることは変わらない」
TOKIO山口、SMAP解散に言及「TOKIOも解散話たくさんあった」「良いか悪いかの判断はしてはいけない」
KAT-TUN中丸雄一、SMAP解散発表に涙ぐむ「休止している身として泣ける」「悲しい」

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング