10月30日のテレ朝系「関ジャム 完全燃SHOW」にゲスト出演したTOKIOの松岡昌宏くんが、近藤真彦さんと矢沢永吉さんの逸話を披露しました。

この日、1980年代の歌謡曲がミュージシャンによる“楽曲提供”に支えられていたことについて特集されると、ゲストの松岡くんがこんなエピソードを明かしたのです。

「俺が前、聞いたことあるのが。うちのマッチさんが、矢沢永吉さんのファンで。“矢沢さんに曲を作ってもらいたい”と。“楽曲提供してもらいたい”っていうのを言ったんだって。オファーをしたんだって」

近藤真彦さんが矢沢永吉さんサイドに楽曲提供の依頼をしたのだそう。すると…

「マッチさんがレコーディングをしてたら、スタジオに電話が入って。『そちらに、近藤さんいらっしゃいます?』ってかかってきて。『どちら様ですか?』って言ったら、『矢沢と申します』って」

近藤さんがレコーディングをしている最中にスタジオの電話が鳴り、誰かと思えば矢沢さんご本人だったとのこと。

矢沢さんが近藤さんに電話越しに伝えた言葉がこう。

「『僕、近藤さんから“曲作って欲しい”って依頼受けたんですけど…。僕、あなたのことをよく、テレビとかで拝見してて。凄い素晴らしいと思うし、本当にカッコいいと思う。僕はあなたのこと好きです。だから僕、あなたに最高の曲を作りたい』」

近藤さんに対しての楽曲提供について、「最高の曲を作りたい」と申し出た矢沢さん。しかし、この続きがロックでした。

「『ただ、ゴメンね。最高の曲が出来たら僕が歌いたいよね。ジョン・レノンもそうでしょ?』」

“近藤さんのために最高の曲を作りたいけれども、最高の曲が出来てしまったら、それは僕自身で歌いたくなってしまうよね”と矢沢さんは言ったのだそう。

近藤さんへの断り方がカッコよすぎる矢沢さんのエピソードに、村上信五くんも「粋な断り方ですね〜!」とコメントし、スタジオ中がしびれたのです。

【注目記事】
「クレヨンしんちゃん」の男性アイドルネタがジャニーズファンの間で話題に
ピコ太郎、KinKi Kidsに謝罪「素直にゴメンナサイ」
嵐・二宮和也、嵐グループメールの内容明かす


矢沢永吉 ALL TIME BEST ALBUM(通常盤)

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
人気ブログランキング