Yomerumo

毎週月曜夜、お笑い芸人のくりぃむしちゅー、ネプチューン、チュートリアルが様々なゲストを招いて、ゲストのプライベートや秘密に迫るバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)。

11月21日放送のゲストに、映画「海賊とよばれた男」(12月10日全国公開予定)で監督を務めた山崎貴と同映画で主演を務めたV6・岡田准一が登場した。

今回、V6・岡田の「ストイックさ」や「まじめさ」を伺うことができた放送となった。

●岡田の役作りに「そこまでやらなくてもいい」



番組では、山崎監督が映画を通じてわかった岡田の役者魂のトークから始まった。

山崎監督が見た岡田の印象は「ストイックでまじめ」と明かした。しかし続けて「そこまでやらなくてもいいよ」と発言。

これには岡田は「監督のためにやってるんだけどなー」と少しあきれ顔だった。

しかし山崎監督は続けて「60代の役を岡田君にやらせてもしっかり受け止めてくれて、すごい球を投げ返してくる」とべた褒め。

山崎監督自身、映画俳優としての岡田をとても信頼しているようだった。

●岡田、体重を増やすため『バウムクーヘン』を1日5〜6個



岡田の体重を増やすための努力に驚きの声が上がる場面があった。

岡田は体重を増やすために『バウムクーヘン』を1日5〜6個食べると発言し、出演陣やスタジオの観客を驚かせた。

岡田は「いつも食べているときにおやつとして食べたり。砂糖やバターも入っているので」と、役作りのために体重を増やすための努力をしていることが分かった。

しかし山崎監督が岡田に「バウムクーヘンよく差し入れしてくれるよね?自分が食べたいから?」と発言すると、岡田は「ただ好きなだけです」とポロリ。

岡田は好きなものを好きなだけ食べることで、映画でのストレスも解消しているのではないだろうか。

(担当・kouheysan)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング