Yomerumo

毎週水曜夜、SMAPの中居正広がMCを務め、様々なゲストを招いてテーマに沿ってトークを繰り広げるバラエティー番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)。

12月7日のゲストMCはお笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜。中居と近藤が「東大VSおバカSP幸せなのはどっち?」と題して、東大チームとして側として東京大学出身の石井てる美、加藤ゆり、本村健太郎の3人を、おバカチーム側としてりゅうちぇる、池田美優、お笑いトリオ「ラフコン」の森木俊介3人を招いて、トークが繰り広げられた。

番組では、写真付きのフリップで各自の経歴が改めて発表された。そして、りゅうちぇるのフリップが出るとスタジオ中にどよめきが広がった。

スタジオ騒然のりゅうちぇるの過去の姿とは



りゅうちぇるが16歳だった頃の写真がフリップにあったのだが、その姿は前髪を眉上でぱっつんに揃え、顎まで伸ばした黒髪を外側にはねさせるという個性的な出で立ち。りゅうちぇるは当時、ジョン・レノンに憧れていたらしく、現在の姿とは異なる容姿にスタジオ一同で驚いていた。

また、その経歴を見た中居が「良かったな〜焼肉屋でバイトして、アパレルショップ店員して、私の人生トントントン」とりゅうちぇるの持ちネタを入れ、笑いを取りながらもしみじみした感じのトーンで発言。すると、りゅうちぇるは「ここ(芸能界)でしか生きていけない」と低いトーンとテンションで返した。

スタジオ中が静まり返るのを見て、すかさず近藤春菜が「やめて!」とつっこみ入れると、りゅうちぇるは「最近色んな番組で真面目な部分や、色々考えていることが取り上げられているけど、ダメダメ、今日僕そういう仕事じゃない」と言って爆笑をとっていた。

りゅうちぇる、計算高い一面を見せる



りゅうちぇるは漢字が読めないので普段台本を読まないらしく、情報番組などで番宣をする際にはカンペが必須だという。このエピソードが披露されると、近藤が「この前、『スッキリ!! 』(日本テレビ系)に番宣で来てくれたけど、カンペの漢字にルビ振っていたのはわかる。でも、ひらがなにもルビがふってあるのを見て、どういうこと!? 何も読めない(んじゃない?)!」ということがあったと話した。りゅうちぇるはそれに対して「それはさすがに、バカにされすぎ!」とツッコミをするとスタジオは笑いに包まれていた。

中居はりゅうちぇるのコンプレックスだという濃いヒゲについて「りゅうちぇる、口のまわりに砂消しみたいのがついているけど、それ何?」と、りゅうちぇるのヒゲを見ながら言うと、カメラもりゅうちぇるに寄って画面いっぱいに口元のアップが映った。

りゅうちぇるは「やめて、砂消しじゃない!写さないで、そんなに(カメラ)アップにする〜。」と言いながらも、続けて真面目なトーンで「最近さ、これでオチ持っていったらすっごいウケるんだよね」とおバカでも計算高い一面を見せスタジオが笑いで湧いていた。

(担当・ライター朝明)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング