Yomerumo

毎週水曜夜、中居正広がMCを務めるバラエティー番組、「ナカイの窓」(日本テレビ系)。

今回のテーマは「覆面の窓 第3弾」。中居に縁がある芸能人が覆面ゲストになって6人現れ、その正体を当てるという企画で、赤の覆面を被ったタッキー&翼・今井翼の正体をあてるのに苦戦する姿と、後輩思いな中居の一面が見られた。

今井が期待はずれだった遭遇とは



覆面ゲストをあてる中居からの質問で「プライベートで一緒に過ごしたことあるか」に、今井は「ない」と回答。ただ、焼肉屋でばったり会ったことはあるという。

その際、今井は中居に挨拶に行ったのだが、中居は太っ腹というイメージがあり、お会計をしてくれたり、高級肉を追加してくれるかと期待したが、もらったのは食べかけのカクテキ2〜3切れだったという。このエピソードに、ピース・綾部祐二がすかさず「セコい」とツッコミをいれ笑いが起きていた。

中居は「芸人」と当てにいったのだが、今井は「俳優です」と答えた。これに対して中居は「俺はたいした、役者じゃないと思う」と予想したが、「大河ドラマにも出演したことがある」と聞かされると、「ちゃんとしている役者じゃん、申し訳なかった」とすぐさま意見を変えスタジオに再び笑いを呼んだ。

そして最後に今井が1枚服を脱ぐと、横浜DeNAベイスターズのユニフォームを着ており、これを見た中居が「分かった!てか、お前、焼肉のくだりバーカ!」と叫び、今井翼とすぐに当てていた。

覆面をとった今井は中居が何かと気にかけてくれたと2014年にメニエール病を患った時のエピソードを披露した。

中居は今井の入院中、手書きの手紙を添えて空気清浄機を持ってお見舞いに来てくれたという。手紙の内容が「『今は神様が休めと言っているいるんだよ、また今度一緒に仕事しよ』と書かれていて」と今井があかすと、中居が照れ笑いを浮かべて「下心を持って手紙を書いたわけじゃないことだけは覚えておいてください」と弁明をし、スタジオから笑いを誘っていた。

(担当・ライター朝明)

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング