Yomerumo

毎週水曜夜、TOKIOがMCを務めるバラエティー番組、「TOKIOカケル」(フジテレビ系)。

3月15日放送回のゲストはデビューしたその日に雑誌取材を受けたというジャニーズ異例のエリート、NEWSの手越祐也。手越が体験した人生で1度の大失恋での大号泣と自由奔放な恋愛観をTOKIOに語った。

手越祐也は失恋しても「チャラい」?



番組では 手越節が炸裂し、「よく、女性が男性をけなすときに使うチャラいって言葉あるじゃないですか、僕あの言葉大好きで、モテない人はチャラくもなれないじゃないですか、なんで僕はチャラいって言葉は褒めているとしか聞こえないんですよ。」との言葉にTOKIOメンバーは大爆笑していた。

そんな手越も人生で一度、失恋し大号泣をしたことがあるという。

当時、ある女性と良い関係だったが、仕事が忙しくなって会えなくなり、連絡もなかなか取れず、2年ぐらい時間が経ってしまったという。

落ち着いたときに改めてその女性に告白した手越。しかし、その返事は「2年前ならOKだったけど、今は彼氏がいますし、(手越が彼女に好意を持っていると)彼氏が知ると大変だから」とフラれ、連絡先を消されたことがあったという。

手越はこの時、「めちゃめちゃ泣きましたね」と大号泣するほど手痛い失恋だったという。TOKIOの国分太一が「そんな大失恋したのだから結構引きずったのでは」と聞くと、手越は即答で「1日っす」と答え「チャラいわ」というツッコミとともにスタジオから大爆笑が起こっていた。

手越のファンを虜にする技にTOKIOメンバー驚愕



手越は自身の恋愛観について「出会ってすぐにビビッと一目ぼれし、すぐに(相手が)欲しいタイプ」らしく、まずは相手に「(僕は)あなたのことが好きですよ」と分からせる為のアプローチが猛烈だという。LINEはもちろん、デートにも積極的に誘い「特別だ」と思わせるという自論を展開にスタジオ中が感心していた。

また、手越はライブなどで「ファンが彼女」と言っているが、「それってあながち嘘ではなく、自分はババッと好きになってババッと付き合いたいんですよね、だからファンの方にどっかであってババッと恋に落ちるかもしれないじゃないですか」と言うと、松岡は「お前は罪作りなこと言っているね」とツッコみ、スタジオが笑いに包まれていた。

(担当・ライター朝明)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング