4月28日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に元SMAPの木村拓哉が出演し、SMAP解散後の心境や元メンバーとの距離感などを明かした。

木村、黒柳の質問に困惑しつつも冷静に「普通だと思いますけどね」



同番組に7年ぶりに出演した木村に対し、司会の黒柳徹子は「いろいろ大変でしたね。その後どうなったんですか?」と昨年末のSMAP解散について、いきなり直球の質問をした。

これには木村も困惑した様子で、「その後どうなった?いや、どうなったっていうよりかは、全力で自分はやるしかないので」と、苦笑しながら解散後の心境を語った。

すると黒柳は、「みんなと会ったときはなんていうことはないの?普通?」「普段からそう仲がいいっていうわけでもないの?」と続けざまに質問を連発。

木村が「普通だと思いますけどね」「ベタベタな関係ではないので」と元メンバーとの関係について冷静に答えると、黒柳は以前「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のビストロスマップに出演した時のことを振り返り、「あんまり私語がない感じで」「もっとベタベタしてるのかなあと思ったら、そんなこともなくて」と撮影時の印象を語った。

木村も「逆にベタベタしてたらちょっと怖いですよね。20年以上一緒にいるやつらが」と話し、黒柳の「誰よりも長くいるもんね。親と同じくらいかな」という言葉に対して「結果25年ですかね。家族より全然(長く)いますね」と答えた。

黒柳から「1人になってどう?」と聞かれると、木村は「以前は変な話、ちょっと大きめの船で、自分がちょっと力を抜いたり手を離したりしても、誰かが漕いでくれて進んでいたけど、今はもう完全に単体の船になったので。自分が漕ぐのをやめたら進まなくなる」と、神妙に語った。

黒柳の「寂しくはないですか?」という質問に対しては、「現場に行けば、一緒に取り組んでくれる人がいるんで」と、木村は笑顔で語っていた。

(担当・むぎちょこ)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング