5月1日のテレ朝系「徹子の部屋」にKAT-TUNの中丸雄一くんがゲスト出演しました。

黒柳徹子さんとのトークの中で、中丸くんの口からこんなエピソードが飛び出したのです。

「数年前に、なんとなく聞いて驚いた話なんですけど。“なんで黙ってたのかな?”って、今でも不思議なんですけど。父親が中学生ぐらいのときに、ジャニーズ受けてるんですよね。2、3年前、実家帰って食事してる時にフラッと言い出して。“何を言ってるんだ、この人!?”と思って」

中丸くんは、自身のお父さん(59歳)が10代の頃にジャニーズ事務所のオーディションを受けていたと告白。

お父さんの知られざる過去ですが、中丸くんがジャニーズに入ったときでも、KAT-TUNとしてデビューしたときでもなく、数年前に何気ない会話の中でポロッと出た衝撃事実であるとのこと。

オーディションの結果は…

「落ちたらしいんですよね。その頃、バンドが流行ってたんですよね。ギターをやってたらしくて。友達に連れてってもらったらしくて。って、言ってました。“なんで、今まで言わなかったんだろう?”と思って」

“もっと他に言うタイミングがあったんじゃない!?”と言いたげな中丸くん。

ちなみに、中丸くんのお父さんは息子の晴れ舞台であるコンサートなどにも滅多に足を運ばないのだそう。

中丸くんはその理由について「『女の子がイッパイいる空間が苦手』って言ってましたね」と付け足し、ジャニーズになるのには向いていないかもしれないお父さんの性格を明かしていました。

【KAT-TUN関連記事】
中丸雄一「お疲れサンクス」がAmazonプライムミュージックでも配信スタート
KAT-TUN亀梨和也、初のソロコンサートツアー開催決定
中丸雄一MC番組「世界ルーツ探検隊」初回視聴率発表

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング