5月7日に放送された「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に、山下智久がゲストで出演し、タッキー&翼の滝沢秀明との交流やKAT-TUNの亀梨和也との確執の話題などで番組を盛り上げた。

山Pの名付け親はタッキーだった



MCのくりぃむしちゅー上田晋也が「元々何がきっかけ(ジャニーズに入ったのか)? 何か憧れの人とかいたのジャニーズに?」と山下に質問した。

山下はドラマなどで活躍していた滝沢に憧れてジャニーズに入所したと告げた。

すると上田は「タッキーとはその後、すぐに親しくなったりしたの」と重ねて質問をすると「ジャニーズ事務所に入ってすぐに、(滝沢から)お前可愛いなって(言われた)」と答えた。

上田がすかさず「それは変な意味で?」とツッコミをすると、スタジオ中が笑いに包まれていた。

また、山下は"山P"の名付け親が滝沢であることを明かし、自身のブレイクのキッカケが「(滝沢が)様々な媒体で当時無名であった山下の名前を言ってくれたおかげ」と明かした。

上田は「ああ、(滝沢が)広報活動もやってくれたわけだ」と感心したように言葉を漏らしていた。

山P、亀梨和也に「一匹狼ぶるなよ」



"過去に山下がキレたことがあるのか"という話から、上田が「亀梨君とケンカとかはないの?」と聞くと、山下は「亀梨君とは…。ちょっとこう、ライバル視してた頃はあります」と話し始めた。

「高校生くらいの時、野ブタ(野ブタ。をプロデュース)の前に、2年間くらい口を利かなかったことがあります」と暴露していた。

更に、山下は野ブタに出演する直前に亀梨と話し合い「俺は(亀梨の)ここがあまり好きじゃない」と言い放ったことも明かした。

山下は当時、亀梨が一匹狼のように見えており「一匹狼ぶるな」と伝えたかったのだと言う。

その話しを聞いた上田が「で逆に亀梨君には(山下の)何処が嫌いって言われたの」と聞いた。

しかし山下は「いや、亀は別に嫌いとかじゃなくて」とコメントし、上田が「君が一方的に嫌ってただけなの」と驚いた様子でコメントしたことに再びスタジオ中が笑いに包まれていた。

(担当・桧垣らいと)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング