毎週土曜夜、嵐がMCを務めるバラエティー番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)。5月13日放送の人気コーナー「隠れ家ARASHI」のゲストは松本潤と週1で飲みに行く小栗旬、櫻井翔を事務所で一番可愛がっているという岡田准一。コーナーMCの松本、櫻井と親交のある2人が今までプライベートでも明かさなかった「ヒミツ」を告白した。

V6岡田は○○のモノマネが得意!?

番組開始早々、櫻井がゲスト2人に「今年の24時間テレビで同じ事務所の亀梨君と小山君の3人でパーソナリティーをやるにあたり、テーマが『告白』ということで、夏に向けてハサんでいきたい」と半ば強引なフリ。

まず事務所の先輩岡田には「岡田は〇〇のモノマネが得意」とテロップを出した。 この内容に櫻井は「全くモノマネの印象がない」、映画で共演した小栗は「見たことないし、現場で骨盤を回しているばっかり」と否定。 しかし、岡田は「誰にでもできるオススメ」と映画「マスク」のジム・キャリーの顔芸を披露し、スタジオは爆笑に包まれた。

さらに櫻井は「なんでやろうと思ったの?」と質問。岡田は「困った時(会場で盛り上げる為)にメンバーの『長野博が骨折した時』と『ジム・キャリー』がテッパン」と答えた。櫻井から「それを見せて」といわれ、岡田は「『TAKE ME HIGHER』という曲で骨折した時の長野博」と題して快くモノマネを披露。当時のエピソードも語った。

長野が骨折した時、岡田は長野の近くで踊っており、曲も佳境、最後バック転で終わるという場面で事件が起きたそう。岡田がバック転をしたところ後ろで「ポキッ」という音がしたので、岡田はすぐさま後ろを見たところ、骨折した手を押さえながら長野が格好良くポーズを決めていたのだそうだ。その時2人は目が合い、長野が岡田に「折れた」と周りに気づかれないようにつぶやいたという。

櫻井は「絶対嘘だよ!」とツッコミを入れ、松本も小栗も苦笑いを浮かべていたが、岡田は断固として「長野君は『折れた』と言った」と譲らないやり取りで、更にスタジオ内に笑いに誘っていた。

(担当・ライター朝明)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング