6月26日に放送された「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、MCのマツコ・デラックスが同じくMCの関ジャニ∞の村上信五に悪態をつくことで握力が上昇し、観客から拍手が起こる場面が見られた。

マツコの容姿コンプレックスに容赦ない一言



「自分の外見に対する満足度」を市場調査会社が世界22ヵ国で調査した結果、日本は26%(満足していると答えた人の割合)で最下位だったという。

この結果、大半の日本人がコンプレックスを持っていると答えたことから、番組スタッフが街角で日本人の持つコンプレックスを取材し、その結果をランキング形式で紹介した(1位目が小さい、2位太っている等)。

そのVTRを見終わったマツコは「何がコンプレックスかもわかんなくなっちゃたわ」と語り始め「私って、どっからいじったらいいか分からないでしょ?」と村上に話を振ると、すかさず村上は「ちょっと材料多いからな」とコメントを返し、スタジオは笑いに包まれた。

マツコ「うるせえなブス」で握力急上昇?



話題が「悪態をつくとより力が発揮されることが判明した件」に移ると、村上がイギリスの大学で行われた前述の実験結果のカンペを読み上げ「それ(悪態をつきながら握力を測定)、マツコがやって」とマツコに実験を丸投げ。

マツコが「何でだよ」と激怒すると村上が「あ、悪態ついてるやん」とすかさずツッコミを入れ、スタジオに笑いが沸き起こっていた。

実際にマツコがその実験を行おうとするとマツコが突然無言になり「(悪態を)つけって言われると困る」と悪態が思いつかない事態となり、村上が「馬鹿野郎とかでええんちゃうの」と適当にフォローを入れると、マツコは「うるせえなブス」と村上に悪態をつき、握力を測定。

結果、通常時37.4キロだった数値が42.5キロにまで上がると、スタジオから「おー」という歓声が上がり、スタジオ中から拍手が飛び出ていた。

(担当・桧垣らいと)

(記事提供元:Yomerumo

⇒YomerumoNewsメルマガ購読はこちらから

facebook このエントリーをはてなブックマークに追加  
ジャニーズブログランキング 人気ブログランキング